【建設・土木】職種別の例文 例文12件 掲載!

健康的に生きるために必要な「睡眠。その快適な睡眠に必要なアイテムをお伝えします。 (朝礼ネタ556)

皆さんは“安眠・快眠”という言葉をご存じですか。 「安心して眠ること」や「穏やかに眠れること」、「ぐっすり眠れたこと」や「気持ちよく眠れたこと」などを言います。 睡眠時間は、大人の場合で約8時間が適切と言われています。 しかし、その時間も人それぞれの年齢や体質…

続きを読む

ハインリッヒの法則はご家庭でも (朝礼ネタ528)

皆さん、「ハインリッヒの法則」という言葉をご存じでしょうか? ハインリッヒの法則とは、「1:29:300」という、労働災害における重大災害の発生確率のことです。 特に、鉄鋼などの生産企業に携わる方でしたら、一度は耳にしたことがあると思います。 初耳の方のために…

続きを読む

危険予知活動は豊かな人間関係を築く上でも必要 (朝礼ネタ516)

建築・土木作業で、工場での作業で、朝礼時に「危険予知活動」は必須アイテムになっています。 「危険予知活動」は一人一人が参加し、その日の作業においての潜む危険を声に出してあぶり出し、その危険を回避させるにはどう対応していけばよいかを話し合い、指差呼称等によって安…

続きを読む

ヒヤリハット体験に気をつけよう (朝礼ネタ492)

中国大陸の砂漠で羽ばたいた蝶がちょこんと巻き起こしたひとつむじの風が、やがて海を越えて、大きな嵐となって日本にやってくる。 風が吹けば桶屋が儲かるなんていうことわざもあります。 なかなか想像が及びづらいですが、こういう「小さなことが積み重なってついには大きな影…

続きを読む

今、土木業界に求められていること (朝礼ネタ340)

平成30年7月豪雨や台風による高潮など、近年、気候変動に伴い、日本列島は大きな災害を受けています。 そうした中、国民の生命と財産を守るというところで、社会基盤整備に携わる土木業界は期待されると共に、大きな重責を担っています。 このことは、国の政策からも簡単に読…

続きを読む

ついでに行う作業 (朝礼ネタ336)

皆さんは「ついで」という言葉にマイナスの印象を抱いていないでしょうか? 「ついで」と言うと嫌々ながらやる印象があるかもしれません。 ですが仕事だけではなく日常でもこの「ついで」の作業を上手に使うことでコミュニケーションを取りやすくなったりほかの人が作業をしやす…

続きを読む

ヒヤリ・ハットの先にある危険 (朝礼ネタ297)

今日は、ヒヤリ・ハットについての話をします。 現場での作業においては、毎日皆さん方には安全に気をつけて作業をしていただいてますが、事故には至らないまでも、危ない目に合いそうになって冷やりとしたり、ハッとしたりすることがあるかと思います。この、ヒヤリ・ハットの上…

続きを読む

週明けの朝礼 (朝礼ネタ17)

最初に各部からの連絡、調整事項はございますか。 ないようでしたら、私から一言申し上げたいと思います。 昨日は、ボランティアのお掃除活動をしてきました。 私は、○○というボランティア団体のお掃除活動に娘と時々参加しています。 このボランティア団体は、日本全国はも…

続きを読む

建設工事現場の朝の朝礼 (朝礼ネタ86)

現場監督責任者「みなさんおはようございます。これより朝の朝礼をはじめます」。 「先ずは昨日の現場報告、進捗の状況からお願いします」。 「1棟、から!」。 1棟現場担当者「おはようございます。1棟は昨日は機材搬入を棟内を運搬いたしまして、所定の位置に置き完了、そ…

続きを読む

何故野菜を食べないといけないのか? (朝礼ネタ125)

「ちゃんと野菜も食べなさいよ。いろいろな色の野菜を食べたら栄養のバランスが良くなるからね」 これは、若い頃、初めて実家を出て一人暮らしを始める時に、母親に言われた言葉で、いまだに忘れられません。 私の身体を心配して、母がくれた食事のアドバイスなのですが、その頃…

続きを読む

道具に敬意をはらう事の大切さ (朝礼ネタ147)

少し前にイチロー選手が引退されました。 いろいろなメディアで取り上げられ、知らない人はいないのではないかと思います。 その引退記者会見の内容も、「コツコツやることでしか自分を超えられない」など、 私たち社会人も背筋が伸びるようなことも多く仰られていました。 そ…

続きを読む

この業界をよくしていくために (朝礼ネタ2)

私は建設業に携われていることを誇りに思っています。 何もないところから、日々の作業で建物が完成していく。 自分がこの作品に関われたということに達成感を感じることができます。 今後も建設関係の仕事は、途絶えることがないでしょう。 日本が停滞しているときに、さまざ…

続きを読む

職種別


シェアしていただけると喜びます。