【企画・マーケティング】職種別の例文 例文47件 掲載!

3年前の今日、何してましたか (朝礼ネタ1352)

おはようございます。 今日は、私の手帳の使い方についてお話したいと思います。 最近は、手書きの手帳を使う方は少ないようですね。 私もスマホのスケジュールを使っています。 スマホのスケジュールが便利なところは、いつでもどこでも簡単に記録できることと、 その記録を…

続きを読む

日常から考えるマーケティング (朝礼ネタ1341)

マーケティング職につくと、毎日企画を考えたり、確からしさを検証したり、効果を測ったり、また企画を考えたりの日々ですよね。 そんな毎日企画ばっかり考えてたらアイデアが枯渇しちゃう!といった人は多いと思います。 そういうときは自分の頭の中で考えるのでなく、外で考え…

続きを読む

小さなアイデアで大きな改善 (朝礼ネタ1289)

今日はほんの小さなアイデアで大きな業績改善をした、傘を販売しているある企業のお話をしたいと思います。 暑い夏の時期には女性が日傘を差している光景はよく見られますよね。そんな女性にとっては当たり前のアイテムである日傘に男性用日傘があることはご存知でしょうか。 実…

続きを読む

アイデアを自分の中から拾う (朝礼ネタ1281)

いいアイデアってなかなか降ってきません。片っ端から資料を読み込んでも、コーヒーを飲んでも出てこない。こういう時にはオススメのコースが3つあります。 ズバリ、三上(さんじょう)です。官僚であり、詩人、歴史家でもあった欧陽脩の言葉です。 3つのうえ。何の上かといえ…

続きを読む

良い本と悪い本の見分け方 (朝礼ネタ1273)

本日は良い本と悪い本の見分け方をご紹介します。 まずは、自分にとって良い本とは ①何を学びたいのか ②何を知りたのか ③何に役に立つのか これらの目標を達成してくれる本が良い本です。 そのために、本を買う前には自分が ①何を学びたいのか ②何を知りたのか ③何…

続きを読む

これからのマーケティングで重要なこと (朝礼ネタ1240)

少機種大量生産から顧客へのニーズに合わせた個別生産と製造業のあり方も大きく変わってきました。もちろんこれは製造業だけではなくサービス業においても同じことです。 これだけ人々のニーズが大きく変わり、要望も細分化される中においては個別最適でどのように提案を行うこと…

続きを読む

市場が違うとニーズも違う (朝礼ネタ665)

1965年、エンジンからシャーシまで全て自社開発のホンダ・F1マシーンが、F1グランプリで優勝しました。 タミヤの田宮社長は、ホンダF1マシーンを模型にしたいと考えます。しかし彼はその製品化を躊躇していました。 なぜならF1フランプリという自動車レースへの日本…

続きを読む

思い違いし易いニーズの違い (朝礼ネタ664)

乗用車の種類は、軽自動車から大型高級車やスポーツカーまで多種多様です。 これらにうち、台数的にたくさん売れているのは、圧倒的に軽自動車や大衆車と呼ばれる小型車です。 つまり消費者のニーズがこの辺りのクラスの乗用車に集中しているということです。 それでは、プラ模…

続きを読む

プレゼンテーションにPowerPointの利用が禁止されている (朝礼ネタ658)

現在では、プレゼンテーションに「パワーポイント」の使われることが当たり前になっています。ところが、Amazonやトヨタ自動車では、社内会議でのプレゼンテーションにPowerPointを使用することが禁止されています。 その理由は、手の込んだアニメーションなどの…

続きを読む

ちょっとしたアイデアが救世主 (朝礼ネタ637)

今や世界に冠たる模型メーカーの田宮模型は、模型メーカーとしての発足時には木製模型を製造販売していました。 その後、新素材であるプラスチック製のモデルが外国から入って来て、 市場ニーズは木からプラスチックへと流れ、田宮の木製模型は売り上げを落とします。 プラスチ…

続きを読む

極めるためにそこまでするか!? (朝礼ネタ634)

スポーツカーは人気のあるプラ模型ジャンルのひとつです。 どのスポーツカーのスケールキットを発売するかは、もちろん製品の売り上げを左右します。 田宮模型が、自動車1/12スケールモデル新車種に、 スポーツカ―の代名詞といってもよい車としてポルシェ・カレラ10を選…

続きを読む

ミニ四駆の成功はプライドを捨てたから (朝礼ネタ603)

今や田宮ミニ四駆は、それで遊ばない大人でも知っているぐらいに国民的なおもちゃになっており、 1082年に初代が発売されて以来、長きにわたって人気が持続しています。 しかしその初代ミニ四駆は、実は社内でも全く評価されないほど惨憺たる営業成績でした。 子供にターゲ…

続きを読む

仮想通貨(電子マネー)に危険予知 (朝礼ネタ593)

数年前より「仮想通貨(電子マネー)」と言うものが流行りだしました。 世界中で、仮想通貨の運用が右肩上がりで広まっているのが目立ちます。 「投資」という言葉が身近に感じるような昨今では、仮想通貨も一種の投資として考える方が多くなったということでしょう。 仮想通貨…

続きを読む

有名問題にみる発想の転換 (朝礼ネタ503)

今回の朝礼のスピーチですが、有名問題に見る発送転換のというテーマでお話しさせていただきます。 早速ですが皆さん、このような問題を聞いたことがありませんか?YesかNoで答えられる質問を1つだけして私が1000円,5000円,10000円のどれを持っているか当て…

続きを読む

販売に関するTPOとその効果 (朝礼ネタ502)

私が日常的に利用するスーパーについて、感じたことがありましたのでお話しさせていただきます。 私の住む地域で日頃から食料品を買いそろえているスーパーの種類が豊富で帰宅前や休日とほぼ毎日、通っています。 それぞれのスーパーがしのぎを削るなかで、各店舗の持ち味や特色…

続きを読む

オリジナルという幻想 (朝礼ネタ501)

どういうわけか多くの人は「オリジナル」と言う言葉に弱いようです。オリジナルのやり方だとか、当社独自のやり方だとかこういう文言に非常に弱い人たちというものが存在します。しかし、オリジナルのものでそれが汎用性のあるものならば、それを発見したということは、それは新し…

続きを読む

立ったままやってみよう (朝礼ネタ487)

皆さんは本を読むときもしくは仕事をする時どのような姿勢でしますか。ベッドに寝転んで本を読みますか。それともイスに座って本を読みますか。多くの人はどこかに腰を落ち着かせて本を読むと思います。 しかし、私は違います。私は読書の仕方は立ち読みです。立ったままで本を読…

続きを読む

ヒーローから隣人になったことで成功したプロレス (朝礼ネタ477)

昨今の景気悪化の影響を受けクリエイティブ産業も暗黒時代とは言わないまでも厳しい環境下にあると思います。 しかし同じように暗黒時代に入りながらもV字回復した業界の話としてプロレスを挙げさせて頂きます。 総合格闘技などの人気に押され2000年代にプロレスは暗黒時代…

続きを読む

企画やマーケティングの仕事は元々あるニーズをより大きくすることが大切 (朝礼ネタ456)

企画やマーケティングをする際には、特定のニーズを持っていない人に関しても、そのニーズを持つように仕向けるということが大切と言えます。 これは販売、宣伝の戦略にもかかわってきますが、特定のニーズが社会にきちんと存在し、それを多くが常識と捉えているということをまず…

続きを読む

企画やマーケティングはニーズを開拓することも含まれる (朝礼ネタ449)

企画やマーケティングの仕事は世の中のニーズを正確に捉えて、それに合わせるということが任務だと考えている人も多いと思います。 しかし、企画やマーケティングの仕事はそれだけではないのです。 企画やマーケティングの仕事というのは、既に存在するニーズに合わせるだけでは…

続きを読む

失敗した企画を失敗と捉えないことが重要 (朝礼ネタ448)

かの有名なエジソンは「私が失敗したことは1度もない。上手くいかない1万通りの方法を発見しただけ」という言葉を残しました。 私たちが失敗と捉えるものを、エジソンは失敗とは捉えておらず、むしろ成功のためのステップとして捉えているのです。 成功するには失敗がつきもの…

続きを読む

頭の準備体操!なぞなぞ朝礼 (朝礼ネタ437)

最近、少し真面目な内容が多かったので、今回は頭の体操になるようなクイズを紹介したいとおもいます。 もちろん特別な知識がないと正解できないわけではありません。 ちょっとした気づきによって正解までたどり着ける難易度なので、 一日のはじまりの準備体操として少し考えて…

続きを読む

インサイドセールスマーケティングの重要性 (朝礼ネタ407)

マーケティングそして営業活動には、前工程と後工程に分かれることをご存知でしょうか。 マーケティングの前工程は、Webや展示会などでの拡販活動から、重要顧客を選定するまでの工程までの内容。 後工程は、そこから先の重要顧客への売り込み及び受注までの動きについてです…

続きを読む

少数意見の大切さ (朝礼ネタ397)

大学時代に客員教授のデザイナーの方から伺った話ですが、小学校1年のときに先生から、「紙に丸を書いてみましょう」と言われたそうです。他のクラスメイトはみんな、普通に鉛筆で丸を書いたのですが、その方だけは鉛筆で紙を外側から塗りつぶし、真ん中だけを丸く残しました。 …

続きを読む

省エネはエアコンだけじゃない。もっと小さな事から。 (朝礼ネタ393)

日中は汗ばむような季節となりましたが、朝晩はまだまだ冷え込む季節です。 体調管理を万全にして過ごしたいですね。 汗ばむ季節といえば、もうすぐエアコンがフル稼働する時期になります。 省エネの最大の課題はこのエアコンの電気代が大きいですね。 このオフィスも、手製の…

続きを読む

物事が決まる割合 (朝礼ネタ355)

本日はパレートの法則を紹介したいと思います。 この法則は、ある物の20%がその物のほぼすべてを決定してしまう。と言うと、ちょっと驚きますが、そんな法則があります。 これがパレートの法則あるいは80:20の法則と言われるものです。 経済学者ヴィルフレド・パレート…

続きを読む

営業をする上で心がける事とは (朝礼ネタ353)

本日は営業マンが日々心がけたい事を話したいと思います。 営業活動というのは、自社の商品やサービスを買ってもらうことに尽きます。しかし、売上を上げる事や自社の商品やサービスを買ってもらう事ばかりを 目指しすぎるとなかなか思ったような成果を上げることができない事が…

続きを読む

営業の本質について (朝礼ネタ349)

本日の朝礼は営業の本質についてです。 営業マンのみなさんにとって「営業」とは何でしょうか?自社の商品やサービスをより多く売ることでしょうか?より多くの得意先を開拓することでしょうか?どちらも正しいですね。 しかし得意先にとって自分の会社の担当になってほしいと思…

続きを読む

ついでに行う作業 (朝礼ネタ336)

皆さんは「ついで」という言葉にマイナスの印象を抱いていないでしょうか? 「ついで」と言うと嫌々ながらやる印象があるかもしれません。 ですが仕事だけではなく日常でもこの「ついで」の作業を上手に使うことでコミュニケーションを取りやすくなったりほかの人が作業をしやす…

続きを読む

生き残る条件 (朝礼ネタ305)

本日、お話したい内容は「生き残る条件」についてです。 結論から申し上げますと、今日の内容はある名言からの抜粋なのですが お話したいと思います。 「皆さん、生き残る人はどんな人でしょうか?」 (しばし沈黙) いろいろな回答があると思います。 強い人、頭の回転が速…

続きを読む

「良いところ探し」に惑わされるな (朝礼ネタ291)

嫌なことがあったとき、 意にそぐわないことがあったとき、 みなさんはどのように対処していますか? ある人は、どんなに思い通りと異なることであっても そのときどきで良いところを見つけようと努めていました。 文房具を買うとき。 本当は赤が好きだけれど、売り切れてい…

続きを読む

「変化」に強い日本人 (朝礼ネタ289)

みなさん、暮しの手帖という本をご存じでしょうか。 今でも発刊されている女性向けの雑誌ですが、 実はこれ、戦後間もない昭和23年に第1号が出版されました。 昭和23年といえば、終戦から3年後ですね。 きっとまだ復興がままならぬ地域もあるような、 戦争の爪あとが残…

続きを読む

企画は閃きから出てくるものではなく、あくまで勇気と行動から生まれるものです。 (朝礼ネタ287)

皆さん最近調子はどうですか?新しい企画は生まれていますか? 私も日々、沢山考えて何か新しいものを探していますが、毎日そう簡単に出てきません。 いつの頃だったか忘れましたが、昔は必死にネタがないかと周りをキョロキョロしていましたが、当然出てくるわけでもなく。 あ…

続きを読む

時代に合わせ、時代に乗る。 (朝礼ネタ271)

みなさんは子どものとき、ランドセルの色って何色でしたか? 多くの人が、赤、黒だと思いますが、新入社員のみなさんの中にはもっと他の色だっという人もいるかもしれませんね。 さて、そのランドセルのCM、入学式が終わったばかりのはずなのに4月から始まり7月ごろまで流さ…

続きを読む

ビジネスチャンスを逃さないことの大切さ (朝礼ネタ268)

私たちは毎日の仕事をするにあたり、自分にとっても会社にとっても、チャンスというものを探しているのでしょうか? ビジネスにおいて、仕事をいただくことやお客様との関係を築くなど、私たちにとって好転するチャンスは、あらゆるところにあります。 このチャンスを見つけるだ…

続きを読む

贈り物の文化について (朝礼ネタ250)

皆さんは、お中元やお歳暮を贈られた事はありますでしょうか。こういった贈り物を「贈答品」と言います。 この贈答品、例えば先ほど言ったお中元などは年々市場売上が低下していっているそうです。また、葬儀の返礼や婚礼の引き出物などもあわせて売上が減っています。 これは「…

続きを読む

長く考えるよりも直感の方が良い場合がある (朝礼ネタ236)

私たちは無意識のうちに、長く時間をかけて考えるほど、企画などにおいていいアイデアが生まれると思い込んでいます。 しかし、それは本当に正しいのか?というと、意外とそうではないこともあると思います。 多くの人は長い時間をかけた方が正解に近づけると思い込んでいますが…

続きを読む

現代の売れるもの、人気になるものの基準 (朝礼ネタ235)

ビジネスの企画やマーケティングでは売れるものを生み出すということが必要です。 しかし、売れるものというのは実に多くのケースが存在し、従来想定されているような「良いもの」という基準だけでは足りない時代になってきているのです。 売れるものというのは、消費者にとって…

続きを読む

物事は20%でほぼすべて決まる (朝礼ネタ206)

あるものの20%が、そのもののほぼすべてを決定してしまう。 と言うと、ちょっと驚きますが、そんな法則があります。 パレートの法則あるいは80:20の法則と言われるものです。 経済学者ヴィルフレド・パレートによって発見されたもので、2割の人がすべての富の8割を所…

続きを読む

営業担当者のための法律教育の開講挨拶 (朝礼ネタ12)

今日から2日間営業担当者が必要とする法律知識の研修を実施します。 商取引に必要な商法や、契約関係で重要な民法が中心です。 また、社会の公器である企業として社会からの指弾を受けることのないように独占禁止法や刑法についても正しい理解を持っていただきたいと思います。…

続きを読む

負けてはいけない。 (朝礼ネタ24)

失敗は成功のもととか、成功は最低の教師とか、よく言われますよね。ですが私にはどうにもしっくり来なかったんですよ。そこで深夜にアニメのエンディングの歌詞で、印象的なものがあったのでご紹介させてもらいます。 負けなきゃいけない。勝つには。負けなきゃいけない。何度も…

続きを読む

形のないものを提案する難しさとやりがい (朝礼ネタ100)

皆さんおはようございます。今日はこの場をお借りして、「企画・マーケティング職」の立場から、仕事をする上で気づいたこと、考えていることについてお話ししたいと思います。 私は、この仕事の最大の特徴は、「形のないものを作りあげること」だと感じています。 目的に向けて…

続きを読む

ネットやメディアを活用すれば売り場が活性化され売り上げが伸びる (朝礼ネタ152)

モノを売る仕事は、並べておけば売れる、安く売れば売れるなどの高度成長期やバブル期の時代の売り方は通用しなくなり、今はお客様にいかに目立たせるか、興味を持ってもらうかなどの売り方に変わり、難しい仕事になっています。 そのため、企業では季節の催事や、トレンドを探り…

続きを読む

あっと驚く発明に大切なのは、他人と反対の発想 (朝礼ネタ153)

何か新しいものを作ろうとした時、人は自分の中から生み出そうと考えます。 けれど冷静に周囲を見渡してみると、私たちの周囲には実はたくさんの可能性にあふれた原石が転がっているのです。 ただ、それを見つけ出せるかどうかというのは、こちら側のそれぞれの性質によります。…

続きを読む

健康を維持すること (朝礼ネタ166)

皆さんが職務にあたる際に、一番大切にしていることは何ですか?人それぞれ、さまざまな考えがあると思いますが、今日は私が大切にしていることをお話します。 仕事をする上で大切なのは、「時間内に済ませること」です。勤務時間内に集中して仕事をこなし、定時には帰宅できるよ…

続きを読む

子どもの質問で学んだこと (朝礼ネタ172)

先日テレビを見ていたときのことです。海上保安庁の職員さんの話を子供が聞く場面がありました。その後子供たちが職員さんに質問をする時間が設けられたのですが、その時に出た質問は、好きな食べ物やら、好きな歌やらと、仕事とは無関係な質問が出ていました。 最初、私はそれを…

続きを読む

ずっと社員でいいのか? (朝礼ネタ194)

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず。 といいます。 私は神様は信じていませんが、この言葉がとても好きです。 会社に入り、働いていると自分が兵隊のような気になり、 ただただ、上司や社長の言うことを聞くイエスマンになってしまう事がよく起こります。 だけど考え…

続きを読む

職種別


シェアしていただけると喜びます。