【人事・総務】職種別の例文 例文33件 掲載!

使い方がよく分からない御中、様、殿 (朝礼ネタ660)

メールなどを送る時、名称の最後に付ける言葉に御中や様、殿がありますが、実際のところ、その使い分けが人によって曖昧になっています。 まず、「御中」というのは、会社や組織など団体や部・課に宛てる敬称です。その言葉通り、「中」の人へという意味があり、個人を特定せずに…

続きを読む

サステナブルを自分なりに勉強しました。 (朝礼ネタ595)

最近、ニュースやCMなどで聞かれるサスティナブル。 いつもは、知っているようで知らない単語を聞くと、「フーン」という感覚の、いわゆるしったかぶりをしてました。 しかし先日、子供から「これってどういう意味?」と聞かれて説明できませんでした。 思わず、「自分で調べ…

続きを読む

仮想通貨(電子マネー)に危険予知 (朝礼ネタ593)

数年前より「仮想通貨(電子マネー)」と言うものが流行りだしました。 世界中で、仮想通貨の運用が右肩上がりで広まっているのが目立ちます。 「投資」という言葉が身近に感じるような昨今では、仮想通貨も一種の投資として考える方が多くなったということでしょう。 仮想通貨…

続きを読む

目に見える事が少ない仕事だからこそ心がける事 (朝礼ネタ533)

本日の朝礼では会社の縁の下の力持ちである総務部に所属する私が心がけている事をお伝え出来ればと思います。 総務の仕事は備品の整理や発注、会議室等の手配、各種保険関連の更新、社員の入退職の手続き等の皆様の目に見えない 業務が多い仕事です。 そんな縁の下の力持ちと言…

続きを読む

幼稚園の減少と保育園の増加 (朝礼ネタ529)

近年、幼稚園の数が減少傾向にあるという事をご存じでしょうか。 また、幼稚園が減少すると同時に保育園が増加しています。この現象は何を意味しているのでしょうか? まず初めに、幼稚園と保育園との違いを簡単に説明しましょう。 幼稚園や保育園は、小学校に上がる前の子供を…

続きを読む

退職代行の利用者について (朝礼ネタ500)

ある日突然、社員が来なくなったという話を聞いたことはありますよね。 私の知人の話です。 月曜日、部下が無断欠勤して連絡が取れず、事故にでもあったのではないか、と心配していたら、人事部から連絡が入りました。 「退職代行を利用して●●が退職手続きを取りました」 本…

続きを読む

罪悪感の感じ方 (朝礼ネタ443)

みなさんは日頃、罪悪感を感じることはあるでしょうか。全く感じたことがないという人はめったにいませんね。 罪悪感があるからこそ、私たちは慎重になります。また、会社組織の秩序が保たれるのも、ひとえに人々の良心があるからだと言えるでしょう。 しかしながら、罪悪感には…

続きを読む

人事に必要な情報収集能力 (朝礼ネタ411)

会社で働く際に人事は情報収集能力というものが求められると思います。 これは新規採用や社員の配置にかかわる判断をする際には特に必要となる能力だと思うのです。 こういった判断をする際には、やはりそれぞれの社員や採用候補者の情報から見極めることが必要になるので、それ…

続きを読む

人事にとって欠かせないコミュニケーション能力 (朝礼ネタ410)

人事というのは、新入社員などの採用を担当する業務も兼ねており、そういった状況においてはコミュニケーション能力が特に重要です。 ここでいうコミュニケーション能力というのは、採用活動の全般にわたるものであり、例えば面接等で使うものだけではないのです。 まず採用にあ…

続きを読む

人事をやる以上は承認欲求を持ってはいけない (朝礼ネタ408)

人事という仕事は端的に言って、社員の側からはあまり好かれることはないでしょう。 それは異動や解雇にかかわる部分がどうしても存在するからと言えます。 しかし、それは会社のために行うことであり、会社のために人事が存在している以上は正当性が確保できると言えます。 だ…

続きを読む

従業員に安心感を与える総務を目指そう! (朝礼ネタ403)

私たち総務部では、従業員の皆さんがより良く仕事ができるように、いろいろな制度やルールを見直したり、常に改善できるように努めています。 しかし、現在、社内にいる従業員とは違い、出張される営業の方々にとっては、領収書や出張報告書、精算金などの申請について、また、社…

続きを読む

人事は自分の決定をちゃんと説明できるようにすべき (朝礼ネタ396)

人事は全ての仕事に関して、人に説明する責務を負っていると言えます。 実際に説明する機会があるか?どうかは別として、なぜこのような決定をしたのか?という部分を本人にちゃんと詳しく説明できるように仕事をしていくべきなのです。 社内での異動もそうですし、採用にあたる…

続きを読む

人事は学生の言っていることのうち事実を審査対象にすることが重要 (朝礼ネタ395)

人事は新卒の採用において、学生の言っていることの主観ではなく、事実に注目していくということが重要です。 就活生はいろいろな話をしてくるはずなのですが、本人の主観にしか満たないことを言ってくる場合もあるのです。 本人の主観というのは、特定の場面におけるその学生の…

続きを読む

人事が新卒採用で注目すべきは結果よりもプロセス (朝礼ネタ394)

人事をやる人間にとって、新卒採用にかかわるときにはたくさんの就活生を目にすることになるでしょう。 そして、きちんとそれぞれを評価していくべきなので、手間は相当かかると思います。 ただ、評価をする際にはあらかじめその軸を決めておくべきだと思うのです。 軸がないと…

続きを読む

「今さら聞けない お金の超基本」という本との出会い (朝礼ネタ344)

最近、とても良い本を見つけたので紹介します。 「今さら聞けないお金の超基本」という本です。 本屋で、「お金に関するビジネス本で一番売れている本」と大々的に推されていたので思わず手に取ってしまいました。 ちょうど、社会保険制度や社内の福利厚生などについて他部署の…

続きを読む

ついでに行う作業 (朝礼ネタ336)

皆さんは「ついで」という言葉にマイナスの印象を抱いていないでしょうか? 「ついで」と言うと嫌々ながらやる印象があるかもしれません。 ですが仕事だけではなく日常でもこの「ついで」の作業を上手に使うことでコミュニケーションを取りやすくなったりほかの人が作業をしやす…

続きを読む

人手不足のこの時代、新入社員の流出を避ける (朝礼ネタ332)

65% 突然ですがこの数字は何を意味するのでしょうか。 この数字は世界の頭の良い人たちが集まって導き出した革命的な数字です。 この数字は、今日産まれた子供が20年後就職する時に、今現在存在しない職種に就く割合です。 残りの35%は、既存の職種です。 この数字を…

続きを読む

人間関係の立ち振る舞い方 (朝礼ネタ316)

皆様は、働いていて色々な上司や同僚に関わってると思います。仲いい人ばかりならいいですが、中には考えが合わなくて苦手だったり嫌な人もいると思います。 配置換えなど、嫌な人から距離を置くという解決策もありますが、現実なかなか頻繁に実現するとは限りません。 そこで、…

続きを読む

人事は同じようなタイプの人間だけを採用してはいけない (朝礼ネタ299)

人事は新卒の採用にあたって、複数の新入社員を採用していくことが普通です その際には同じタイプの社員ばかりを採用することの弊害を知っておくべきです。 同じタイプの社員、例えばリーダー的資質のある社員のみを採用したとしたらどうなるでしょうか? 上に立って他人を引っ…

続きを読む

人事は採用活動にあたってロボットに徹するべき (朝礼ネタ298)

人事が人を採用する際には、どうしても自身の感情面が露呈してしまうということがあると思います。 感情というのは人間がどうしても捨てきれないもので、合理的な採用活動をすべきと分かっていても、どうしても合理性よりも感情が勝る瞬間というのがあるのではないでしょうか? …

続きを読む

人事が新卒の採用で意識すべきなのは成長力の有無 (朝礼ネタ280)

人事が採用活動において、特に新卒の採用活動で重視すべき点はこれからの部分です。 現時点での就活生の能力というよりは、これからそこがどのように変わっていくのか?を見極めていかないといけないのです。 新卒の社員の場合には採用時点で能力の差というのはあるはずですが、…

続きを読む

人事が意識すべき優秀な社員の定義 (朝礼ネタ279)

人事は採用活動において、優秀な人間を採用するという責務が課されています。 しかし、ここでいう優秀な社員というのは、多くが持っているイメージとは少し違う場合があるのです。 というのも、本当に優秀な人というのは、自分が今の会社の環境に満足いかないときには辞める決断…

続きを読む

人事に必要な文章力とは? (朝礼ネタ278)

人事というのは自らの会社をアピールする立場にある人たちです。 やはり採用活動にかかわるので、いかに自社をアピールして優秀な人材に応募してもらうか?ということを考えていく必要があります。 そういったときに重要なのは人事の文章力の部分です。 人事が新卒向け、中途採…

続きを読む

シルバー人材の管理と雑務の大変さ (朝礼ネタ275)

私の所属部署は総務課です。主な業務内容としては、シルバー人材の管理やパソコンを使っての作業手順書の作成やその他雑務等です。 中でも大変なのは、シルバー人材の管理で、全員が60歳以上の男女、クセが強い人からちゃんと言うことを聞く人まで様々であります。 そのような…

続きを読む

就活ノートをつけていた日々 (朝礼ネタ252)

先日、部屋の掃除をしていたら、1冊の懐かしいノートが出てきました。その名も就活ノート。就職活動をしていた時に、面接を受けるごとにその内容を記録していたものです。 具体的な中身は、面接で聞かれたこと・答えたこと・どんな人と一緒に受けたか・どんな面接官だったか・面…

続きを読む

山本五十六の名言 (朝礼ネタ249)

近年、人員不足が課題になりどこの企業でも採用活動が活発になっています。 わが社でも毎年のように新卒の採用募集をしたり、時には中途の募集もしています。 その中で最近私が意識している事は、年代の差による文化の違いです。 面接の際はどうしても自分の物差しで評価をしま…

続きを読む

会社の「ニオイ」 (朝礼ネタ237)

タクシーの運転手さんから聞いたお話です。 その運転手さんは、毎日のようにある会社からお客様をお乗せするそうで、その会社は大抵の人がその社名を知っている大企業です。 乗って来られる人は、その会社の社員さんが一番多いのはもちろんですが、大企業だけにその関連会社の方…

続きを読む

人事に必要な能力は第一に合理的な決断力 (朝礼ネタ209)

人事という職業はいろいろなケースにおいて非情であることが求められると思います。 私情を挟まずに適切な決断をしていかないといけないのです。 常に会社の利益のことを考え、合理的な仕事をしていくということが求められている職種と言えます。 つまり、人事には決断力という…

続きを読む

人事はその仕事をするにあたってはデータを活用すべきと言える (朝礼ネタ208)

人事という職種は会社の根幹にかかわるため、責任重大と言えます。 そして、人事という職種ならではの部分としては、データ分析というのが非常に重要なのです。 そういった面を追求していけるような人が人事として優秀と評価され、会社でも一目置かれる存在になると思います。 …

続きを読む

物事は20%でほぼすべて決まる (朝礼ネタ206)

あるものの20%が、そのもののほぼすべてを決定してしまう。 と言うと、ちょっと驚きますが、そんな法則があります。 パレートの法則あるいは80:20の法則と言われるものです。 経済学者ヴィルフレド・パレートによって発見されたもので、2割の人がすべての富の8割を所…

続きを読む

人材不足の時代にどのような心構えで仕事に携わるのか (朝礼ネタ150)

九州にあるテーマパーク。ここに人工知能を搭載したロボットを活用したホテルが出来たのは2015年です。 始めてロボットが従業員として働いたホテルとしてギネス記録にも認定され、多くのメディアでも紹介されました。 人手のいらないホテルを目指して30人ほどの従業員を8…

続きを読む

健康を維持すること (朝礼ネタ166)

皆さんが職務にあたる際に、一番大切にしていることは何ですか?人それぞれ、さまざまな考えがあると思いますが、今日は私が大切にしていることをお話します。 仕事をする上で大切なのは、「時間内に済ませること」です。勤務時間内に集中して仕事をこなし、定時には帰宅できるよ…

続きを読む

有給休暇取得の義務化について (朝礼ネタ73)

今般の「働き方改革」法案のひとつに有給休暇の取得義務化があります。 今日は、その「有給休暇の取得義務化」について少しご説明させていただこうと思います。 そもそも有給休暇とは、労働基準法では、「労働者の心身のリフレッシュを図ることを目的として、一定の要件を満たす…

続きを読む

職種別


シェアしていただけると喜びます。