旅行の楽しさ (朝礼ネタ95)

昔から田舎よりも都会が好きな性格だったこともあり、私は今までそれほど旅行をしてきませんでした。旅行に行くとしてもテーマパークや今住んでいる場所以外の大都会を選んでいたのですが、先日機会があり熊本まで旅行をしたときに、たくさんの発見とカルチャーショックがありました。

まず驚いたのは、山が近くにあること、そして山の木がとてもきれいなことです。幹線道路や都心近郊の高速道路周りにある木とは違い、1本1本がどっしりとしていて、長い年月を経てきたからこそのなんとも言えない迫力がありました。山や自然を楽しむ人たちがどんなところに魅力を感じているのか、自分で体感することができたのはすごく良かったです。

そしていちばん驚いたことと同時に嬉しかったことは、食べ物が本当においしかったことです。都会でも美味しいものはたくさんありますし、大好きなレストランもたくさんあるのですが、そのおいしさとは種類が違いました。

味噌田楽と白ごはん、お味噌汁、やまめの塩焼きに飲み物は緑茶、という田舎ごはんのコースを食べたのですが、よくグルメマンガで言っている「同じ土地で作られたものを組み合わせて食べるおいしさ」というのが、気のせいではなく本当にあるのだなと強く感じました。また、ヤマメは小ぶりなのに背中側、腹側、尾の近く、頭のそれぞれですべて味が違ったのも衝撃で、食べ物のおいしさを初めて理解したような気がします。

旅先でしかできない体験のために、また旅行に出かけたいなと心から思ういい旅でした。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。