体力維持について (朝礼ネタ88)

仕事をするということはさまざまな要素があります。

あいさつや社交といった対人関係、目的を達成する上での技術の向上。
パソコンのスキルや健康の管理など本当に様々です。

日々の仕事の質を高めようと色々工夫し、休日は資格習得のために勉強をしている、あるいは始めようという人も
中にはおられるでしょう。

しかし、何かを始めようにもまずは人間体力というものが絶対的に必要不可欠です。

人間ある程度年を重ねると何もしなければ体力が衰えていくのは当然です。

体力が充実していないと何をしようにもモチベーションが途切れたり
しんどくなってしまったりと継続が難しくなってしまいます。

そこで、たとえば何でもよいのですが日々の生活で体力を維持しようとする
習慣や工夫を考えてみてください。

私も体力の衰えを感じ趣味として登山を始めました。

やはり歩くというのが健康に良いらしく、それが自然豊かな山でしたら
きれいな景観も楽しめて日々の仕事のストレスの解消にもなります。

別に体力をつけるためにスポーツを始めましょうとかそのようなことではありません。

たとえばいつもはエレベーターやエスカレーターを使っているが2階や3階程度なら
足を使って階段を上ってみるですとか、週に2回か3回は自転車で通勤してみようですとか、
本当に何でもいいのです。

ただ、何かしらの工夫をして年とともに衰えていくばかりの体力に
いくらかでもストップをかけられるような工夫をしてみるのが良いでしょうという意味です。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。