使命感に燃える (朝礼ネタ69)

皆さんは使命感を持って仕事に取り組んでいるでしょうか?
もちろん使命感という言葉は皆さんもご存知かと思います。使命感とは「与えられた任務に対し、責任を持って行う事」と理解して間違いはないかと思います。皆さんも同感でしょう。しかし辞書にはこのように付け加えられています。「その任務に格別の誇りとプライドを持って取り組む事」と。
皆さんは、仕事に対して少なからずの使命感を持って取り組んでいるかと思います。しかし使命感の種類は人によって違うと私は感じております。
「会社からの命令を達成させなければいけない」という使命感を持って取り組んでいる方、とても立派で賞賛に値します。
しかし、「会社からの命令を達成させなければいけない、なぜなら人々を幸せにしなければならないから」という使命感はもっと立派です。
会社の商品を「会社の命令」で販売していませんか?と聞くと、何を言っているのだろう?商品の販売は会社の命令以外何があるんだ?と思った方もいるかもしれません。
「会社の商品を世の中の為、人々の幸せの為」に販売して欲しいのです。その為にはわが社の商品は人を幸せにする、という自覚とわが社の商品を販売する誇りを感じてほしいのです。
 もし、皆さんが営業で疲れたら、丘に登って街を見渡してください。
家の灯りを見てください。人々の笑顔を見てください。そこには確実に人が生きていて、日々一生懸命に生きています。その人々の幸せの為、心地よい生活の為に皆さんは存在し、商品を販売しているという事を自覚してください。
もし皆さんの中で営業に疑問を感じている方がいれば「人々を幸せにする使命感」を胸に、頑張ってください。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。