家賃0円?移動できるモバイルハウスが増えてます (朝礼ネタ661)

地震や台風などの災害を機に、家を買う事にためらいを持つ人も増えているかと思います。
せっかくローンを組んで家を買っても、1度災害が来れば家は壊れて住めなくなる事があるからです。

実は今、モバイルハウスという小さな移動できる家を作る人が増えています。
モバイルハウスは車輪が付いているので、どこにでも移動できます。
モバイルハウスの広さは、駐車場に停められるぐらいの小さな物が多いそうです。
材料はホームセンターで3万円以下で済み、組み立て・解体も簡単です。

この方法だとローンを組むことなく、3万円以下で家が建てられます。
また敷金・礼金・家賃も要りません。
正確に言うと、家賃は駐車場に停めれば、毎月の駐車場代だけ要りますが、場所を工夫すれば家賃0円で住めます。

そして住所とポストがあれば、郵便物も届きます。

車輪が付いていて地面に固定されていないので、固定資産税は要りません。
また車輪は付いていますが、道路を走るわけではないので車検や自動車税もかかりません。

モバイルハウスは他にも、軽トラックの荷台に部屋を作った軽トラックバージョンがあり、人気になっています。
このタイプだと、このトラックで全国旅行も出来て楽しいです。

モバイルハウスには小さなソーラーパネルを付けて自家発電しているタイプもあります。

今、正社員の数が少なくなり、アルバイトの給料でカツカツで暮らしている人も沢山います。
そのような人達にとって家賃がほぼ要らないモバイルハウスは、とても魅力的です。
これからは不動産も「移動式住居」を念頭に入れていく時代なのかもしれません。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。