営業というのは忍耐力が必要な職種 (朝礼ネタ632)

営業というのは経験してみると分かりますが、非常に忍耐力が必要です。
体力が必要という意味では、肉体的な忍耐力というのがまず必要ですが、それ以外にも精神的な忍耐力が必要と言えます。

営業というのは基本的に上手くいかないことも多々あるので、そういったときに必要なのが忍耐力です。
例えば、ティッシュ配りのアルバイトをしている人が街中でいますが、彼らはティッシュを受け取ってくれない場面に遭遇する方が圧倒的に多いはずです。
つまり、上手くいかないことがもはや当たり前の世界で生きているのではないか?と思うのです。

そして、ティッシュを受け取ってくれないことをいちいち気にしていたらこの仕事は務まりません。
営業も同様のことが言えて、自分なりに頑張ったつもりでも成果が出ないということは普通にありえます。
そのことをいちいち気にしていたら、精神的に参ってしまい、営業を続けることは困難と言わざるを得ない状況になるのです。

つまり、営業というのはある程度失敗して当然だという気持ちを持てないと厳しいと思うのです。
失敗を重ねていく中で、成功をつかみ取る感覚を体感して、そこからその確率を上げていける努力ができれば良いでしょう。

私は営業を行う中で、精神的な忍耐力が特に必要だと思っていますから、日々の営業活動を通じて自分自身が強くなれることを意識していきたいと思っています。
精神的なタフさを手に入れて、それを強みに営業を頑張っていきたいと考えています。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。