報われる瞬間 (朝礼ネタ62)

店舗スタッフとしてある一定の売場を任されているような人達は、毎日売上等の数字や不特定多数のお客さんの接客に追われる毎日です。
商品が適切に管理出来ていなければクレームになって自分に突き刺さる厳しい業界です。
そんな厳しい環境で働く人達は、どんな時に報われるのでしょうか。私の経験も交えてご紹介します。

まずは、上司から褒められた時です。
自分が日々してきた努力が目に見える結果として残り、上司の目にとまり褒めてもらえた時の瞬間は頑張って良かったと思える最高の瞬間です。

また、仮に結果が出なくても過程を認めてくれる上司もいます。
頭ごなしに怒られればやる気も無くなり仕事の能率も落ちます。
褒められることもそうですが、良い上司の下で働けることが報われる近道かもしれませんね。

次は顧客に感謝をされたときです。
関わる顧客の人数が多いと苦労も多いですが、たまに自分がしたことに感謝を示してくれる人もいます。
いい思いをしたことをきっかけにリピーターになってもらい、目が合えば挨拶をしてくれるような関係になった時は、このお客さんの為に頑張ろうと思えるはずです。

最後は自分の周りに信頼出来る人が現れた時です。
例えばアルバイトスタッフを抱えるお店の場合、社員は教育を任せられることが多いです。
教育の内容はもちろんですが、自分の価値観に共感してもらえたり、自分の人間性を信頼してついてきてくれると、モチベーションに繋がります。
自分の指示を快く聞いてくれて、仕事の能率も上がることは自分の幸せに直結するのです。

以上のように、頑張って報われる瞬間は何物にも代えられません。
そんな瞬間を味わう為に、日々努力をしていきたいものですね。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。