昨日と同じでは何も変わらない (朝礼ネタ61)

皆さんおはようございます。

今あいさつした「おはようございます」ですが明るく元気に声がでていましたか?と言うか声を意識して出していましたか?
なぜこんなことを皆さんに問いかけたかと言うと、皆さんの今日の仕事に対する意識がどうなのか問い正しかったのです。
朝から仕事の話かとうんざりする人もいるかもしれませんが、少しの間私の話に付き合ってください。

昨日は皆さんの成果はどうでしたか?結果の出た人もいれば、全く成果のなかった人もいると思います。不動産なのでそんなにすぐ成果なんてでないだろうと思っていませんか?そんなにすぐ家なんて売れないと思っていませんか?実際に私もそうでしたが、その考えが成績を伸ばしていかないことに最近になって気がつきました。
今朝は営業に関しての私の心構えを話してみたいと思います。

まず昨日はなんの成果も出なかった。その日の夜帰社して私が考えるようにしているのは「なぜ今日は成果がでなかったのだろう?何が悪くて面談したお客様の興味をひかなっかのか?」と自己批判をするようにしています。皆さんも当然何で成果がでないのかと考えているとは思うのですが、ほとんどの人が外的要因のせいにしているのではないでしょうか?以前の私がそうでした。「お客様が予算が合わない」「実家から反対をされている」「他社も見てみたいから」など自分は一生懸命やっているがお客様からの断りのせいで前へ進めなかった、「仕方ない」と考えているのではないでしょうか?

そんな私も含めて皆さん今日から少しずつでいいから変化させていきましょう!
成果の出なかった昨日と同じことをしていても結果は同じです。朝のあいさつから昨日と違うことをしてみましょう。
「昨日よりもうちょっと声ははってみる」
「お客様との会話ではお客様の意見の負けない、全てネガティブな発言を切り返す」
「顧客回りを昨日よ5件多くまわる」などほんの少しでいいから身になる変化をつけていきましょう。
そう思って営業マンとして一日を終える時には結果は出なくても明日につながる成果は必ずできるはずです。今日も一日頑張っていきましょう!
以上で朝の一言とさせていただきます、ありがとうございました。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。