営業マンとして心がける事について (朝礼ネタ583)

本日は営業として私が日々心掛けている事をお伝えしたいと思います。
売れる営業マンと売れない営業マンのどちらになりたいかと質問すれば、大半の方々は売れる営業マンになりたいと答えるはずです。
自分がどの位置にいるかの自己分析を行う時に一つの目安になるのが、紹介販売をしているかどうかです。

既存のお客様から選ばれるのは、たまたま接点があったからにすぎないかもしれません。他のメーカーにより良い商品があるのであればそっちに行ってしまう
可能性が高いと思います。しかし紹介販売はあなたを期待して紹介しているので、対応次第でそのお客様がついてくるかは大きく左右されます。
例えば既存のお客様から新たなお客様を紹介されたとします。最初は紹介されたからと紹介者も買ってしまう可能性は高くなります。
しかし、その後の対応が期待より小さい物であれば紹介されたお客様も離れてしまう可能性があります。
紹介をしてもらうとまずは売込みに必死になるのではなく、信頼をしっかり構築する接客や対応をして信頼関係を築かないといけません。お客様から信頼してもらうからこそ、次の商談にも進みますし、新しいお客様も紹介してもらえるのです。

信頼を築く為には、迅速なレスポンスとお客様が本当に必要としている情報や製品を提供する事がなにより重要であると私は考えております。
その場限りの関係で終わるのではなく、継続的にお付き合い出来る信頼関係を構築出来るように今日も頑張りたいと思います。
本日もよろしくお願いします。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。