生産意欲を向上させるための朝礼スピーチにつきまして (朝礼ネタ581)

汗がしたたり落ちる中で毎日懸命に作業して頂き、頭が下がる思いであります。生産部長としまして、まずは、一緒に共同作業できていると言うことを誇りに思っております。事務所も、現場も一丸となって作業をすることで見えてくるものが非常にあります。例えばどうでしょうか?現場の皆様が必死に一生懸命働ける仕事があると言うのは、やはり事務方の営業職のお陰でありますし、事務所としましても、仕事を取ってくるだけで、現場の皆様に生産して頂かないと商売上がったりだとは思いませんでしょうか?

やはり、両方の力が合わさって初めてより良い製品ができる形となります。例えば、皆さまが今現在懸命に組み立てて頂いております、ネジの部品でありますが、様々な加工工程を経由して一つの部品に仕上がっていると思います。この部品は何十人もの職人が携わってできている製品であります。当然この携わっている者の中には、事務職の職員さんも含まれております。みんが一生懸命頑張って一つの作品を作り上げていると言う思いを実感して頂きたいと思います。

また、皆さまが夏の暑い中で必死に頑張った先には、必ずその思いは、エンドユーザーに届くような形になりますので、是非頑張って頂きたいと思います。また夏があるからこそ秋があります。秋の涼しい時期を身体中で満喫できるのは、夏と言う季節があるからです。是非、夏の苦しい思いが開花される秋に向けて頑張って欲しいとも願っておりますので、現場の皆様方には、いつもエールを贈りたいと思います。今日も社員一丸となって目標に向かって邁進して行きましょう!

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。