ペットを愛する気持ち (朝礼ネタ58)

突然ですが、みなさまはペットを飼ったことがありますか?以前飼ったことのあるかた、今も飼っているというかたは想像してみてください。そうでない方は、もしペットを飼うならばどのような動物がいいかなと頭の中で考えてみてください。

犬、猫、鳥、他にもさまざまな動物がいるでしょう。しかしどれも人間より寿命が短い生きものが大半だと思います。みなさんが想像しているペットも例外ではないはずです。それは一生世話をするという責任感の表れと言えるでしょう。自分がいなくなってしまったらこの子が路頭に迷ってしまいます。生きていけなくなるかもしれません。

私は約5年ほど前に犬を飼っていました。すぐに家族の中心的存在になりました。しかしつい先日10年の短い命が消えてなくなりました。とてもかわいがっていたので、それはそれは悲しく思いました。しかし、ともに過ごしてきた10年間は決して後悔なく愛情をそそげてあげたと自負しています。愛犬は言葉をしゃべることはできませんが、「今まで一緒に生きてくれてありがとう」と最期に聞いた気がしました。

人間はとても寿命の長い生きものなので日々を粗末に過ごしてばかりいます。100年のうちの約半分はこの会社で過ごすと思いますので、決して後悔のないように日々を愛するペットと過ごしているかのように業務をしてみてください。会社に愛されるまたは会社を愛せるときがくるはずです。そのときは胸をはって皆様に自慢してあげましょう。

それでは本日もよろしくおねがいいたします。

もう1記事読みませんか?