飲食店の雰囲気やコンセプトに合わせたお店作りが重要 (朝礼ネタ575)

飲食店というのはいろいろなジャンルに分かれるため、一口に飲食店といってもいろいろなお店があります。
すなわち、お店の雰囲気などはそれぞれで異なっているため、その雰囲気をまず確立し、そのうえでお店作りをいろいろな面で行っていくべきです。

例えば、店員の接客スタイルというのはそれぞれのお店の雰囲気によって違います。
上品な雰囲気のお店では、冷静で物静かな対応というのが好まれるでしょうし、活気あふれるようなお店では元気な対応というのが好まれるはずです。

そして、店員の接客スタイル以外でもいろいろな要素が飲食店には存在し、それらは全てそれぞれのお店の雰囲気やコンセプトにマッチするものを提供しないといけません。
マッチしていないものが提供されてしまったときには、お客さんとしては違和感を覚えることになり、それが客離れにつながる可能性があるのです。
したがって、お店の状況というのは逐一チェックをして、特に利用者の目線からチェックをしていくことが求められます。

私自身、実際に飲食店で働くスタッフとして、お店に多くのお客さんを呼ぶことに努めています。
しかし、そのためにはお店の雰囲気と実際にお店が提供する様々なものが一致し、お客さんにとって違和感を覚える余地がない、快適な環境を用意する必要があると思っています。
したがって、お店の雰囲気を理解したうえで、内装や店員の接客スタイル、提供するメニューの内容などを含めて、常にお店の状況をお客さんの目線から確認することをしていきたいと思っているのです。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。