障害者施設の一泊旅行でのエピソード (朝礼ネタ565)

今日は、私が引率として参加した施設の一泊旅行で印象に残った話をしたいと思います。

夕方ホテルに到着したあと、少し休憩してから担当の利用者さんたち三名と大浴場へ向かいました。お一人だけ洗髪の介助が必要な方がいたので私も一緒に浴場へ入り、その方の介助をしていました。
お風呂から上がったあと、脱衣場のドライヤー横にヘアオイルやヘアクリームが施設の何種類かあることに気が付きました。自由に使っていいものだったので、
「せっかくの機会ですし、使ってみませんか」と提案して了承を頂いたので、ヘアクリームを少しつけてからドライヤーで髪の毛を乾かしました。

すると、想像していた以上にツヤツヤ、サラサラ、指通りなめらかな仕上がりとなりました。私も嬉しくなり、ご本人に「すごくきれいになりましたよ!」と興奮しながらお伝えして、周りにいた他の職員や利用者さんにも「髪の毛、さわってあげてください。すごくサラサラ!」と言って回りました。
私の話を聞いた人がみんな髪の毛を触ってはその方を誉めるものですから、ご本人もだんだん嬉しくなったようで、最終的には自ら職員を捕まえて
「私の髪の毛触ってー!」と、自らアピールされるほどでした。

また、夜にホテル内の売店に行ったら同じヘアクリームが置いてあったのでその方にお伝えすると、自分へのお土産に購入されていました。

旅行の楽しみと言えば観光やご馳走など色々あると思うのですが、意外なところで非日常な体験や嬉しい思い出を作ってあげることが出来たので、私もとても嬉しかった、そんなエピソードでした。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。