健康的に生きるために必要な「睡眠。その快適な睡眠に必要なアイテムをお伝えします。 (朝礼ネタ556)

皆さんは“安眠・快眠”という言葉をご存じですか。
「安心して眠ること」や「穏やかに眠れること」、「ぐっすり眠れたこと」や「気持ちよく眠れたこと」などを言います。
睡眠時間は、大人の場合で約8時間が適切と言われています。
しかし、その時間も人それぞれの年齢や体質、生活条件・季節によって違いが出てくるもので、日中に眠気症状が現れなければ睡眠時間が短い・長いは関係ないと言われています。

皆さんは、より良い睡眠を得るためには何が必要だと思いますか。
さまざまなご意見や手法がある中で、私が注目するのは“枕”です。
「寝起きに頭痛がする」「頻繁に寝違えてクビが痛むことがある」「寝返りが多い」「寝起き時には枕から頭が離れている」など、こんな経験はありませんか。
これは、枕に問題があるという証です。

寝具の中でも掛け布団や敷き布団と違い、枕は首から頭部という人間の体で最も重要な部分にあてる物ですから、この“枕”を自分にフィットする形や硬さ・材質を選ぶことでより快適な睡眠を得ることができるのです。
快適な睡眠を得ることができれば、さまざまな良き変化が現れるはずです。

現在、「寝つき・寝起きがしっくりこない」や「疲れが取れない」と感じる方は、今お使いの枕を見直し・取替えを考えてみてください。
枕を変えれば、熟睡ができて体調も違ってきます。

最近は、枕専門のお店もありますから、きっと、あなたにフィットするモノが見つかると思います。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。