お客様よりも、あなた自身を輝かせましょう。 (朝礼ネタ553)

私たちの仕事は、お客様を輝かせる事であります。
そして、お客様からすると、私たちは自分を輝かせてくれる先生でもあります。

学校の先生が、授業の内容を調べながら授業したり、記憶していない内容を不安そうに教えていては、生徒は勉強できませんよね?
お手本を見せられない体育の先生や美術の先生もいませんよね?
皆さんの仕事も同じです。

お客様は、このお店に「美」や「変化」、「テクニック」を学びにいらっしゃっています。
皆さん自身が、美しく、定期的に変身し、そのテクニックを持っていなければいけません。
そして何よりも大切な事は、今日のあなたがあなた自身に自信を持てている事です。

ファッションコーディネーターが自分のファッションに絶対の自信を持っているように、私たちも自分自身に
絶対の自信を持っていなければお客様から魅力的に見られませんし、お客様を魅力的にも出来ません。

とはいえ、センスは人それぞれ、好みも十人十色です。
自信を持つことを、お客様好みになる事と勘違いをしないように気を付けてください。

私が言っている自信というのは、「今日の私も最高にきれいだ」「今日も私のコーディネートはばっちりよ」と、自分自身に言い聞かせる事、
そして、自分自身に暗示をかけ、自分自身が今日の服装や髪形が似合っていると強く思える事です。

自信は顔に出ます。自信満々の人は自然と来ている服にも自信が反映されます。
自信は仕事に出ます。だから、自信は客様に伝わりお客様も自信を持てます。

時には皆さん同士でお互いを誉めあい、時にはアドバイスをし合う事も大切です。
認められる承認欲求を満たす事は自信につながります。
他人からのアドバイスは、自分では気付かない視点を得られ安心感に変わります。

お客様に美に対する自信と、安心感をこのお店で持ってもらうため、皆さん自身がお客様より輝いてください。

では、今日も最高の仲間たちと共に、自信を持ってお客様をお迎えしましょう。
宜しくお願いします。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。