行動心理を営業活動に利用するとは (朝礼ネタ542)

消費者心理に基づいた営業活動についてお話したいと思います。
皆さんはバンドワゴン効果という言葉を聞いた事がありますでしょうか。

これはみんなが購入している商品に対して強い興味を惹かれたり、安心感や信頼感を持って購入したりする効果です。
口コミの評判が良いお店の方が良さそうだ、と思うのもこの効果が働いています。
マーケティングやキャッチコピーの中にはこのような心理を利用したテクニックが多くあります。
例えば、今若い世代に流行しているタピオカ等は良い例だと思います。多くの若者がSNS等を通してタピオカを飲む画像を発信する事で、それを見た
人は自分も飲んでみたい、あの人が飲んでいるなら自分も飲もうと思って購入するという例です。
また、「行列」もわかりやすい例です。長い行列をみると、その先には何があるのだろうかと思ってとりあえず並んでしまう人も多くいます。
これは、「みんなが評価しているのだから、魅力的に違いない」という意識が働いてしまうからです。この心理を利用してわざとお店を狭くして行列
が出来るように仕向けている経営者もいます。

このように世の中の消費者は「みんなが買っている商品を好んで購入する」とう傾向にあります。
なので、私たち営業もお客様に営業をするときに「他のお客様も購入してますよ」と説明することが、思った以上に有効に働くことがあるのです。
皆様も本日お話したことを意識して行動してはいかがでしょうか。

もう1記事読みませんか?