いろいろなお客様 (朝礼ネタ536)

本日もいろいろなお客様がお見えになると思いますがよろしくお願いします。

先日もお見えになった時から機嫌の悪いお客様がお見えになりましたが、これはどうしようもありません。
私どもに落ち度がなくても、もう機嫌が悪いんですから。こちらはお客様のペースにのらずうまくかわしていきましょう。むきになって相手をしてしまうと、お客様は余計に機嫌が悪くなってしまいます。ましてや諭そうなどとするとクレームになってしまいます。うまく臨機応変に対応してください。皆さんならできるはずです。
しかし、謝るのは一度だけです。「申し訳ございません」だけでお願いします。
何度も謝るとお客様は調子に乗ってしまいます。一度「申し訳ございません」を使ったら、お客様の話に合わせて「さようでございますか」で乗り切りましょう。

次に初めてのお客様がお見えになるかもしれません。初めてのお客様は何もわからないので、「そんなことも知らないのか」という態度は絶対にとらないでください。もちろん、言葉にも出したらダメですよ。
そんなことを私たちが言われても嫌でしょう。知らないものは知らないんですから。悪いことではありません。
初めてでも問題ありませんよ。私どもがちゃんと説明しますからというのでお願いいたします。

最後に普通のお客様です。このお客様が一番大切です。お客様に順序をつける気はありませんが、普通のお客様は良いお客様になるのも悪いお客様になるのも、私たち次第です。これを肝に銘じて今日もがんばりましょう。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。