接客成功率をあげるポイントその1 (朝礼ネタ52)

【販売員が売れるポイントその1】
私は今は、管理職ですが、数年前は販売を中心に行ってました。
売れるためにはどうすればいいのか?色々試行錯誤も繰り返して来ました。

本やネットでも色々調べましたが、その中でも効果的だったものを紹介させて頂きます。

「お客様に逃げ道を作らないこと」です。

逃げ道とか、聞こえが凄く悪徳商法のように捉えてしまうような、乱暴な言葉ですが、私はそうは思わないようにしてます。

お客様は少なからず、何かしら興味や魅力を感じてその場にいるのです。
私たちは商品の魅力を伝えて、それを使用してもらい、生活を豊かにしていくことが、一つの仕事だと思います。
買ってもらうということは二の次ですが、商品の購買に繋がらなくては、何の存在価値もなくなってしまいます。

さて、話を逃げ道というこに戻すと、ここで言う私の逃げ道と言うのは、お客様に買わなくてはいけない、買わされてしまうと思わせてしまい、その場から立ち去るという選択肢しか出てこないことを言います。

例えば試着しあとに「いかがですか?」このフレーズは何回も聞いたこともありますし、逆に販売員なら口にしたことがあるフレーズです。

しかし、このいかがでした?は、買いますか?買いませんか?と、頭の中で捉えがちのフレーズなのです。

販売員に買わされるのではないかと不安になり、ある意味押し売りのようになってしまいます。
それが嫌だと感じた人は「もう少し考えます」と逃げ道を作ってしまうのです。

言い方を変えれば、逆にお客様が逃げ場を失ってしまって買い物が楽しくなくなるとも解釈してもいいかもしれません。

「○○は素敵ですね」「○○と合いますね」と言う方が、相手の捉え方は変わります。
お世辞に聞こえてしまうところもあると思うかもしれませんが、褒められてあまり嫌な気持ちにはならないですよね。

または、合う合わないを否定することなく、伝えてあげて応対すれば、よりその言葉に信憑性が生まれて、購買率はあがります。

人によって様々な価値観があるので、全てこれに当てはまるわけではありません。

お客様がどうすれば気持ちよく商品を購入していくのか?反対に何故買っていかないのか?を考えていくことが大切ですね。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。