ダイニングバーやバルは、料理を通じて楽しませる気持ちが大切です! (朝礼ネタ506)

私たちは、人々のディナータイムで、いろいろなおもてなしをして楽しませることをモットーにしています。
ダイニングバー、バル、バーなど、おもに夜の時間帯がメインですが、20歳以上の成人の方々にお酒をとともにいろいろな料理を提供しています。

これらのお店もまた、お店ごとに料理のアイデア、内装、BGMなど、いろいろな要素を取り入れて、コンセプトを決めて、お越しいただいたお客様を楽しませることに全力を注いでいます。

その楽しませ方にはいろいろあり、高いスキルをもって料理で勝負するお店、おしゃれな内装やBGMによってすてきな空間を作り出すお店、店員たちが笑顔で迎えてお客様とお話ししながら料理を提供するお店など、お店の持ち味を生かしています。

しかし、私たちは、お店の持ち味にこだわり過ぎないように、まずはおもてなしのベースを固めることを最優先にしたいと思っています。
それは、お店のスタッフどうしのチームワーク、明るく振る舞うことです。

どんなに良いアイデアがあっても、笑顔がなければ、お客様に楽しんでもらうことができないと思います。

また、チームワークには、元気よく声を掛けることによって、お店全体に活気づける力があります。
スタッフが明るく振る舞うことによって、お客様も声を掛けやすく、料理についての質問やお店の雰囲気などの感想も気軽に話してもらえると思います。

お店全体の雰囲気の良し悪しは、私たちにかかっていると言って過言ではありません。
それに、お店の持ち味は、毎日の努力によっていろんな発見や吸収ができます。

これからも、お客様に楽しんでもらえるお店づくりに力を注いでいきます。

もう1記事読みませんか?