コンサルタントでは信頼関係を築くことが特に重要 (朝礼ネタ504)

コンサルタントの仕事は人と接することがかなり多い仕事です。
顧客のそばで仕事をする機会が非常に多いので、信頼関係を構築することが必須と言えます。

信頼関係がお互いに存在していないと、コミュニケーションが円滑にとることができません。
コミュニケーションが円滑にとれないと、意思の疎通がうまくできないので、勘違いなどが起きる可能性が高まります。
何でも話せるような関係を作っていくべきなので、その点は仕事をするうえで意識していくべきと言えます。

しかし、信頼関係を構築するというのはそんなに簡単なことではありません。
実際に信頼関係を構築していくためには、やはりコミュニケーションが重要です。
コミュニケーションに置ける問題を発生させないための信頼関係の構築については、やっぱりコミュニケーションになるのです。

仕事に関する会話以外でも、なんでも良いのでとにかく積極的に話しかけてみることです。
こちらの人柄というものを分かってもらうことができますし、人柄が伝われば自分がどういう人間か?分かってもらいやすくなり、向こうもコミュニケーションがとりやすくなります。
そして、コミュニケーションをとる中で、顧客の人柄なども分かってくるので、こちらも相手を信頼しやすくなるのです。

私はコンサルタントとして働く中で、そういったお互いの人柄を理解して、信頼関係を高められるコミュニケーションを意識していきたいと思っています。
そういった努力が良い仕事をすることにつながると思いますから。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。