立ったままやってみよう (朝礼ネタ487)

皆さんは本を読むときもしくは仕事をする時どのような姿勢でしますか。ベッドに寝転んで本を読みますか。それともイスに座って本を読みますか。多くの人はどこかに腰を落ち着かせて本を読むと思います。

しかし、私は違います。私は読書の仕方は立ち読みです。立ったままで本を読むということは足を踏ん張って本を読まなければなりません。みなさんの中にも立ち読みした内容はよく覚えているのだけれども、その本が気に入って家に帰って自分のイスに腰掛けてその本を読んだからあんまり理解できなかったことってありませんか。

私はあります。どうして本を読むときに立ったまま読むほうが本の内容に集中できるのかは私には分かりません。しかし、実際に立ったまま本を読んだ方が座って本を読むよりも集中できるので、私は自宅で本を読むときでもたったまま本を読みます。

本当は本を読みながら歩き回ったほうが血流も活発になるのでいいかもしれませんが、それだと危ないので私はただ立ったままの姿勢で本を読むのです。それに座ったり、寝転がって本を読むというと、なんだか本を読んでいるうちにまぶたが重くなって眠くなってきませんか。立ったまま本を読めば寝転がって本を読むよりも眠くなるということはなくなります。

会社の会議もイスに座ってだらだらやるよりも、立ったままやって足が疲れて立っていられなくなったら終わりというくらいの会議の方が時間を有効活用できると思うのですがどうでしょうか。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。