好きな言語を追求するということ (朝礼ネタ480)

システムエンジニアとは少し特殊な仕事です。
一般企業の場合様々な仕事が出来ることが求められ、複数の仕事をこなせるという方が評価を受けやすいです。

ですがシステムエンジニアの場合は1つの仕事のプロフェッショナルであることの方が評価が高く、1つの仕事を極めた人の方がいいという珍しい業界なのです。

そのため、様々な言語の中から学びたい言語を選ぶことになります。
もちろん最初の言語で学ぶ言語を突き詰めてもいいですし、研修などで学んだ言語の中から興味を持った言語を学ぶのでもいいと思います。

会社によっては好きな言語や使って見たい言語のプロジェクトに優先して入れて貰えるケースもあり、そういった会社であればより楽しんで仕事ができると思います。

私はjava scriptが好きです。
ソースコードとして打ち込んだ結果が画面にすぐ反映されることと、画面を作り上げる達成感というのをすぐに感じられるからです。

特に最初の頃などは分からないことも多く、これが正しいのかという事に半信半疑になることは多いです。
そのため画面にすぐに結果を出してくれるjava scriptは非常に私にあう言語でした。

結果をすぐに反映してくれ、見るだけで概ね正しいのか間違っているのかを教えてくれる言語だったからです。
私はこれからもjava scriptを極めていけるよう勉強をしていきたいと思っています。

そのためjava scriptの現場に行き頑張りたいと思います。

もう1記事読みませんか?