警備・保安は安全を提供する重要な仕事です! (朝礼ネタ468)

私たちの日常において、警察や警備員をはじめ、地域の安全を守る人たちに支えられています。
現在でも、犯罪や交通事故の抑制などを含め、警察や警備員は日々戦っています。

最近では、幼稚園や保育園、デパート、駅、さまざまな企業においても警備員が危険から守り、監視・防犯カメラを積極的に取り入れ、自身のセキュリティを強化する傾向にあり、犯罪撲滅に活躍しています。

彼らの活躍により、地域の安全が確保されますが、彼らはその仕事にプライドをもち、何かを守るということの大切さを、私たちに教えてくれます。

私たちの安全とは、私たち自身が人と接するときの思いやりの気持ちから始まるのではないか、そう思っています。

例えば、自動車と歩行者の通行における交通事故を防ぐのに、体の弱い人たちが危険を避けることができないかを考えたり、相手を脅かすことがないように道を譲り合う気持ちもまた、安全の確保につながるのではないでしょうか?

また、警備員は、デパートや商店において、お店の商品を盗むことによって被害に遭うことを防ぐため、毎日監視をしながらお店の安全を守ろうと勤めています。
それは、盗みをはたらこうとする人を思いとどまらせて、犯罪者を生むことがないようにするための犯罪防止にもつながります。

安全を守る仕事を頑張っている警察や警備員の仕事から、私たちも学ぶべきことがたくさんあります。
それは、私たち自身も、善悪について正しい判断をし、弱い者を守り、誰もが笑顔に過ごせる環境づくりにも役立つと、私は考えています。

もう1記事読みませんか?