お客様と何をはなそう (朝礼ネタ466)

普段、接客をする上で気を付けていることがあります。
それは雰囲気づくりです。
その雰囲気づくりで最近注意しなくてはいけないなと思ったことをお話ししたいと思います。

少し仲良くなってきたお客様がいます。
その方は見るからにアニメが好きでアニメのキャラクターのTシャツを着ていたりアニメの音楽を聴いていたりそれを隠すような感じでもなくアニメについても熱く語ってくれます。

しかし、話がマニアック過ぎてアニメに興味がない私にとっては反応に限界がきてしまいました。
お客様も毎回話す相手が私のようにアニメに興味がないとつまらないと思います。

そこで、ちょうど後輩がアニメの本を読んでいたのを思いだしお客様のいる前で後輩に『アニメ好きだよね?お客様も好きだから話があうんじゃない?』と気軽な気持ちで声をかけました。

後輩はあまり触れてほしくないかのように『はい』と浮かない表情でした。
あまり会話も弾まず、アニメそんなに好きではなかったかなと思い過ごしていました。

少しして後輩が席をはずしている間にお客様が『アニメオタクの人はオタクであることを隠してる人もいるから気を付けた方がいいよ』とご指摘を頂きました。

アニメ好きを全面に出している人はいいけれど、そこまで主張していないアニメ好きの人はまわりに隠していることもあるので気を付けなくてはいけないと気づかされました。

長年接客をしていますが、まだまだ勉強が足りないなと思いました。
自分の接客を見直すきっかけになりました。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。