私の言語勉強法 (朝礼ネタ462)

私の言語の勉強法をお話しします。
もし時間があれば皆さんの勉強法も後々教えていただけると嬉しいです。

IT系の仕事をしていると現場によっては見知らぬ言語を1から勉強しなくてはいけないことがあります。
私もまだまだ未熟ですから経験したことのない言語はありますし、皆さんにも見知らぬ言語がまだあると思います。

そういった言語に触れる際に最初にどういった勉強法を取るでしょうか。
私の場合はソースコードの全文の上に日本語で解説を書けるようにします。
これのメリットは大きく分けて二つあって、まずは生きた言語を調べることでその学びがすぐに仕事に行かせること。
そして見返すときに楽ということです。

前者は今動いているソースを見てそこに意味を付け加えることですぐにその意味が分かるようになります。
もちろん最初は有識者に質問するなどの時間もかかりますが、全文に意味を振り終えた時に自分の知識はそれ相応のものになっています。
そして見返すのが楽ということですが、自分のフォルダにバックアップという形で残しておけばいつでも内容を見返すことができます。
特に注意すべき部分などは印などを残しておいて、ソースコードを自分なりにわかりやすいようにしておくことが一番の勉強法だと思って私は実行しています。

勉強方法は千差万別で私よりももっといい勉強法というのはあると思っています。
皆さんのこういう方法もあるよというのをぜひ教えてもらえたらと思います。

もう1記事読みませんか?