コンサルタントは本音を言ってこそなんぼの世界です (朝礼ネタ450)

各分野のコンサルタントは、経営数字を上げるために活躍しています。つまり会社と契約して、その会社の数字を上げないと次の仕事がなくなる可能性があるのです。

コンサルタントはその分野のプロです。商品知識、販売方法、利益管理、経費管理、そしてトークに関してなど全ての内容について詳しく知っています。私の経験では、何を聞いても即座に答えが返ってきます。

そんなコンサルタントですが、一番重要なことは、経営者にも本音で言えるかどうかだと思います。会社内に経営者に対し、本音の意見を言える人はどれくらいいるでしょう。いたとしても1人くらいで、大半の会社は誰もいないと思います。

ここで言うのも変ですが、経営者と言っても万能ではありません。特に組織化された規模の会社では、その部門の仕事を一番よく知っているのは現場です。その現場に対し、アレ?おかしいな?という指示や方針が経営者から飛んでくる場合があります。間違っているのでは?と思っても、中間にいる管理職ですら、経営者に言えないのが多くの会社です。

そこで力を発揮するのがコンサルタントです。業績を上げるコンサルタントは経営者に対してもスバリもの申します。私が過去に経験した事では、社長も交えてコンサルタントと会議をした時、コンサルタントが社長にズバリ、間違っていると言いました。そしてその理由と、こうしないといけないと指摘しました。てっきり怒ると思った社長が、貴重な意見をいただいたと喜びました。そしてまわりの社員に、これからは私に遠慮しないでどんどん言ってきてくれと言いました。

結局はここなんだと思います。どんな社員もベテランになれば、知識も技術も話術も身に付きます。でもトップや上司には逆らえません。こうした方がいいと思っても、言えない会社が多いのです。今回のコンサルタントの話を参考にして、上にモノが言える会社ではなく、現場が自分らの考えで仕事が出来る会社を目指したいと思います。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。