企画やマーケティングはニーズを開拓することも含まれる (朝礼ネタ449)

企画やマーケティングの仕事は世の中のニーズを正確に捉えて、それに合わせるということが任務だと考えている人も多いと思います。
しかし、企画やマーケティングの仕事はそれだけではないのです。

企画やマーケティングの仕事というのは、既に存在するニーズに合わせるだけではなく、ニーズそのものを開拓するということも重要です。
そもそも今でも当たり前に存在している人気の商品やサービスというのは、当初はニーズ自体が存在しなかったものだと思います。
しかし、どこかの会社がこれはニーズが生まれるはずだと確信し、そのニーズに沿った商品やサービスを開発し、世に広めたのです。

つまり、世の中に存在するニーズは誰かが開拓したものばかりであり、それをやってきたのは企画やマーケティングの人たちなのです。
そして、ニーズを開拓するという仕事は非常に重要で、新たなニーズを作る出すことができれば、それはライバルのいない状況でビジネスができる状況と言えます。
ニーズそれ自体が存在していなければ、他の会社がその部分において商品やサービスの開発はしませんから。

ニーズを作り出すことは、自社の商売のチャンスを作り出すだけではなく、当分の間は自社が有利な状況で商売ができることを意味するのです。
ニーズを開拓することは難しいですけど、何が当たるか?は分からないので、私は可能性があるものに関しては積極的に意見として話し、社内で共有をしていきたいと思っています。
そういったものの中から世の中を騒がせるヒット商品などが生まれるかもしれないので、私はそういう姿勢を持って、仕事に取り組んでいきたいと思っているのです。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。