ライン関係のお話を重点に (朝礼ネタ435)

おはようございます、○○です。まずは、恒例のあいさつから。皆さんおはようございます。
※お偉いさんが製造ラインで働く従業員に対してする朝礼スピーチです。この時に最初に自分が挨拶して次に社員があいさつをするという決まりを作っている企業があります。

ラインでの製造が過多となっているとのことでラインの生産を調整する必要があります。調整については今日現在に調整を適応しますので皆さんそのつもりでいて下さい。

※偉いさんの場合工場の稼動調整をすることが可能でそのことを工場長ではなく社長に近い立場の人が説明することもあります。

詳しい説明は工場長から生産ラインの変更に関する情報が午後までに発表されますので各員そのつもりでいて下さい。なお、ラインに置いて一部問題が発生していると聞いており、特に生産ラインの○○について従業員同士のトラブルがあったとの報告があり、現在は解決している者とされていますがどうでしょう、工場長。

※お偉いさんの中には工場で問題があったことを工場長から直接聞いており、朝礼の際に再度、工場長に聞き、問題が解決積みであるかどうかを朝礼のスピーチ中に聞いてくる人もいます。この時、問題を起こした社員に直接聞く場合もあり、大抵は解決したと答えるしかない上に問題を起こさないように朝礼時に圧力をかけることもあります。

問題はないようですね。では、各員朝の体操後、持ち場に入り作業をしてください

※朝の体操時に置いても体操をサボっていると判断した場合、叱責をすることできちんと仕事をしているかを見ているぞと示す人もいます。工場長であったり、お偉いさんで会ったりとそういった方が朝礼を行う際、かなりの割合で工場や組み立ての作業の場合、わざと叱責することもあります。そうすることでサボれないという環境を作るという方法を私は工場や組立作業の仕事の際、上司から学んだことがあります。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。