SEとPGのどちらが好きか (朝礼ネタ430)

私はエンジニアとして働いていくうえで気になったことがあります。
SEとPGどちらが人気なのかということに。

定義には人それぞれ考えがあると思っていますが、今回はSEの業務範囲を要件定義~設計として、PGの業務を開発とテストにしたいと思います。
どれも大事な業務ではありますが、得手不得手や好き嫌いはあるもので皆さんの意見を後程聞きたいなと思っています。

ちなみに私はSEの業務範囲が好きです。
特に詳細設計が好きなのですが、システムの大まかな部分から作りたいものに対してどうしていけばいいのかを切り詰めていくのが好きです。
試行錯誤を重ねてしっかり開発、テスト要件の段階で困ることのないような詳細設計を作成できた時は非常にやりがいを感じます。

要件定義もお客様とお話をしてどういったものを作りたいのかを話し合うのですが、やはりコミュニケーションを取って二人三脚で作りたいものを実現に向けて進めていると実感できる時間ですから、私は上流工程のほうがやりがいを感じることが多く好きだと思っています。

その反面開発やテストはあまり好きではありません。
開発は言語をたくさん勉強しなくてはならず、その言語の中でも好き嫌いが出る傾向にあります。
私は画面系のJavascriptとかは割と好きなのですが、システム系のC言語とかがあまり好きではないのです。

テスト工程もやはり同じようなことを繰り返すことが多く、頭をあまり使わずにできることがいい反面やはり単調なため飽きやすく、集中力が持たないです。

是非皆さんがどちらが好きかを聞かせてもらえると、新しい発見が得られそうなので聞けるのを楽しみにしています。

もう1記事読みませんか?