優越感が信号無視をさせるのかも知れません、 (朝礼ネタ418)

毎日トラックなどの大型車を運転しています私たちは、周りの車に対しまして何か優越感を持っていませんでしょうか。

交通法規は遵守しているつもりでも横着になっているかも知れません。自分に問いかけることが大事なのではないでしょうか。

先日も黄色に信号が変わっているのに交差点に突進していた大型トラックを見かけました。交差点に入った時は赤信号だったので、警察に見つかれば交通違反は免れません。黄色信号は進めではなく止まれですから注意をしましょう。

大型トレーナーの運転手が警察に信号無視を検挙され強く言い訳をしていましたが、彼の言い分は黄色信号で止まればジャックナイフ現象が起きてしまうため突っ切るのだと言うことなのです。警察は普段からスピードを出していなければそのような現象も起きずに確実に止まることは出来ることを指摘されていました。

また、信号機のない横断歩道は沢山ありますし大変に危険な場所であるという意識を常に持つと良いでしょう。歩行者が渡ろうとしましても大抵の車は止まろうとはしませんので、私たちは率先して止まるようにしたいものです。

いつも優越感を持って運転していますと、このように交差点や信号のない横断歩道では横着な行動をし易いものだと感じてしまいます。

今更、釈迦に説法なのかも知れませんが、皆さんはこのようなことはないと思います。しかし、人間はいつこのようなことをしてしまのか分かりませんので、日頃から意識をしまして気を付けて運転しましょう。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。