運転をする際に気をつける事 (朝礼ネタ412)

毎日運転をする私たちは、常に事故をしないよう気をつけておかなければいけません。
毎日運転をしていると、慣れてきてその意識が薄れてくると思います。

事故の多い、タイミングはご存知でしょうか。
12月です。
これは、師走と言われる時期で、日々が忙しく、急ぐ運転となり、運転が荒くなるだけではなく、クリスマスや年末年始などのイベントが多く、慣れないドライバーの運転手が増えるからだと言われています。

私が交通事故をした際の話を少しさせてもらいます。
友人の引越し先へ飛行機に乗って遊びに行き、レンタカーを借りて友人と遊んでいました。
その際です、見通しの悪い道で、カーブを曲がりきれずにぶつかってしまった経験があります。
その際は、特に大きなけがもなく、レンタカーの修理代を払うだけで済んだのですが、その場にたまたま人が居なかっただけで、対人事故となっていてもおかしくない状況でした。

この事故は、まさに12月の年末の出来事でしたし、私は免許を取りたてのペーパードライバーだったのです。

私は、この出来事から特に運転は気をつけていますし、それ以降事故は起こしておりません。
12月だけでなく、1月の年明けやゴールデンウイークやお盆休み、大学生の夏休みや冬休みシーズンには、慣れないドライバーが増えるので、特に注意して運転をするように心がけましょう。

このように意識するだけでも、防げる事故は多いので、無事故無違反を意識して、働いて行きましょう。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。