相手の視点に立った運転で交通事故の発生を防ぎましょう。 (朝礼ネタ409)

皆様はドライバーとして毎日運転をしています。日々、安全に運転することを意識して絶対に個通事故を起こすことがないように努めなければなりません。

事故を起こして加害者にならないためには、自分の運転マナーに気をつけることで防ぐことができます。しかし、交通事故の被害者にならないようにするためには、「自分が安全に運転すればよい」という意識だけでは足りないと思います。

道路を走行しているとさまざまな場面で遭遇します。急に飛び出してくる歩行者、信号を守らない車、スピードを出しすぎているトラックなどに遭遇して、自分が交通事故の被害者になってしまう可能性が十二分にあります。

交通事故の被害者にならないためには、相手の視点に立って運転することが必要だと思います。たとえば、「今は朝の通勤時間帯だから、この道路を走行している人は急いでおり、赤信号を見落としているかもしれない」あるいは「この道路は見通しが悪いから、横断しようとしている歩行者は、車の存在に気づいていない可能性がある」などです。

このように、「相手は何々かもしれない」と意識することで、交通事故の被害者になる可能性を防ぐことができると思います。

皆様はプロのドライバーとして、日々の業務に取り組んでおります。プロというのは自分がミスをしないことは当然ですが、相手のミスをフォローすることができてこそ、本当のプロと言えるのではないでしょうか。

交通事故を発生させないという意識を常に持って、日々の運転に取り組んでください。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。