縁の下の力持ちとして誇りを持ちましょう (朝礼ネタ369)

皆さんは一般事務という仕事にどんなイメージを持っているでしょうか?
誰でもできる、地味な仕事だと思っていませんか?

確かに一つ一つの仕事は雑務と呼べるものも含まれています。でも、その仕事はしなければならないから存在しているんです。私たちがやらなければ、他の誰かがやらなくてはならないんです。

仕事につまらないものはありません。私たちがいることで他の誰かが別の仕事にしっかり取り組めるのですから。
ファイリングや書類作成、スケジュール管理、小口現金の管理、経費の管理、伝票作成など…仕事を上げればキリがない程の幅広い仕事をこなすのが一般事務です。

こんな仕事、いくらでも代わりがきくから、なんて絶対に思わないでくださいね!
何故なら一般事務は人柄もとても影響するポジションだからです。
先ほどもお話ししたように、とても幅広い仕事がありますから、当然たくさんの人と関わります。
つまり、自然と人と話す機会が増えますね。人との繋がりはロボットではできない高度な領域。あなただから頼みやすい、あなただから話が通じる、そんな絆のようなものができてくるんです。
それができたら、自分らしいやり方でみんなを助けてあげましょう!

一般事務は製品に例えれば潤滑油のようなものでしょう。それぞれの部品がスムーズに連動して機能するように助ける役割です。あまり目立たないかもしれませんが、とても大切な縁の下の力持ちだと思っています。
一般事務のお仕事に誇りを持って、今日も頑張っていきましょう!

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。