遠回りが結局近道なのだ (朝礼ネタ367)

人間は誰しも楽な方向に進みたいと考えるものです。

近道をすることが、楽に進めることだと考えることもあるでしょう。

近道と思って進んだものの、途中で道に迷ってしまったり、道中にけがをしてしまっては、逆に時間がかかってしまうことでしょう。

一見近道に見えることが、実は遠回りだったという現実に直面されたことはあるでしょうか?

一瞬の甘えが、遅刻をしてしまったり、いろいろご迷惑を掛けてしまうことにつながります。

一見遠回りに見えますが、ルールを守って、基本に忠実に進めていくことこそが、確実に物事を遂行する最善の方法なのです。

交通の使命は「安全・安心・快適」、そして時間通りにお客様を目的地へお送りすることです。

ダイヤ通りにルールに従いながら、お客様を安全・快適に目的地へお送りし、安心して今後もご利用いただけますよう、誠心誠意対応していくことを心がけ、日々の勤務にあたってまいりましょう。

「遠回りは結局近道なのだ。」

まさに、その通りです。

遠回りを面倒と思ったり、嫌だと思ったりせず、一つ一つの手順をかみしめつつ遂行していく。

気持ちの持ち方ひとつで職場の雰囲気も変わってまいりますし、チームワークよく業務遂行することができます。

全員一丸となって、心に余裕を持って遠回りを楽しみながら、しっかりした結果や満足を得られるよう頑張ってまいりましょう。

しかし、お客様へはてきぱきと対応し、お待たせしすぎないようお願いいたします。

もう1記事読みませんか?