営業をする上で心がける事とは (朝礼ネタ353)

本日は営業マンが日々心がけたい事を話したいと思います。

営業活動というのは、自社の商品やサービスを買ってもらうことに尽きます。しかし、売上を上げる事や自社の商品やサービスを買ってもらう事ばかりを
目指しすぎるとなかなか思ったような成果を上げることができない事が多々あります。

相手としても営業がどういったスタンスでいるか?ということくらいは頭に入っていると思います。
自社の製品やサービスの良さばかりPRをするだけでは自己満足になりかねません。

営業としては会社のために、自分の評価を上げるために売り込むべきと思い込みますが、それは逆効果になりかねないということなのです。
営業をする際には、相手の心理をきちんと考慮したうえで行動していく必要があるということです。

要するにお客様が何を課題にしており、その課題や困った事に対して私たちや自社の商品やサービスがどの様に貢献できるかを考えて提案する事が大切なのです。

売上を上げたいだけでお客様の事を考えていない営業の気持ちが伝わると、自分は営業マンに利用されている、言いくるめられているというマイナスの間隔が芽生えやすいのです。すると、それに巻き込まれないように、という用心の気持ちが出てきて、ますます営業の思惑通りにはいかないのです。

相手の立場になって考えてお客先と接する事が大切という事ですね。

こういった状況を踏まえたうえで、営業が心掛けるべきことは、最低限の紹介をして、売り込むということはあまりしないということです。
そうやって相手の気持ちを逆なでしないようにする方向に持っていくことが重要だと思います。

私は営業として、お客様の気持ちを考えて、お客様のニーズを把握してお客様の課題解決に貢献したいと思います。

本日も一日頑張りましょう。

もう1記事読みませんか?