「今さら聞けない お金の超基本」という本との出会い (朝礼ネタ344)

最近、とても良い本を見つけたので紹介します。
「今さら聞けないお金の超基本」という本です。

本屋で、「お金に関するビジネス本で一番売れている本」と大々的に推されていたので思わず手に取ってしまいました。
ちょうど、社会保険制度や社内の福利厚生などについて他部署の人から質問を受けた時にわかりやすく説明できたらと思っていたところでした。

私たちは普段お金に関する事柄と比較的密接に業務をしていますが、この本はその逆の人々用に書かれている本で、例えば年末調整や保険制度などについて、とてもわかりやすく読みやすく、説明されてあります。
図やイラストもシンプルで、売れていることに納得できて単純に買って良かったと思っています。

「お金に関する事柄」と一括りにすると規模が広すぎて専門外のこともたくさんあるのですが、業務には直接関係ない分野でも職種柄知っていて損することはないと思い、少し勉強してみました。

まさにタイトルの通り、「今さら聞けない」ような基本的な内容も含め、自分で進んで勉強することによって今回初めて知ったことも多く、良いきっかけになったと思っています。

また、生きていく上でお金と私たちは切っても切れない関係にあるので、仕事とは別にプライベートにおけるお金の使い方や貯め方、増やし方も勉強することができました。
世の中には様々な制度や方法が用意されており、ある程度自分で選ぶことができるようになっています。

お金を使って上手く生きていくためにより良い選択をしていく必要があると改めて気付かされ、この気付きを仕事にもプライベートにも生かしていきたいと思います。

もう1記事読みませんか?