機械製造業向けの朝礼スピーチ (朝礼ネタ335)

本日は○○会社から工場の視察があります。各員服装や身だしなみに気をつけて作業に当たるようにしましょう。なお、○○会社の工場視察は○○時を予定しています。後、○○製造の過程に置いて、部品にバリがあり、奇麗に除去できていないという報告が上げられております。部品を納入する○○様から直接連絡が入り、こちらで確認した所部品にバリが残っていました。○○さまは重要な部品の納入先ですので今後このようなことがないようにお願いします。

※○の部分には会社名が入ります。工場から部品政策時に問題があった場合、部品を納入している会社が自ら視察に来ることがあります。その際に事前に何らかの方法で視察に来るという情報を察知してこのようなスピーチをする企業があります。

次にライン、何々に置いてラインに遅れが生じており、現状では生産の遅れを取り戻すに当たり、休業員の労働時間を○○時間まで引き上げる方向で検討をしており、ライン何々の従業員スタッフはそのつもりでいてください。

※何々は製造における部門のラインを現しており、労働時間を延ばすことを伝えています。これはラインを組んだ際、本来必要である生産数に届かなかった場合、こういったことを言ってくれみたいなことを従業員や派遣された従業員に工場の責任者から言われることがあります。

では、各員、朝の体操後、持ち場に入り仕事を開始してください。

※ここでラジオ体操などを流したりします。体操後に仕事を開始しますが、工場によっては私の経験上、先に体操をしてからスピーチをすることもあります。ちなみに部品の製造に置いて不具合があるとどの取引先に影響がありどうなるかを具体的に言えみたいなことを工場長から指示されたりもします。工場長は、あくまでも監督に過ぎず、指示を出すのは案外、社員や派遣の人たちです。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。