人を満足させる、気分を逆なでしない話し方 (朝礼ネタ328)

コールセンターという仕事はお客様への対応が非常に重要な部分です。
そのうえで必要な考え方というのは、いかにお客様の気分を逆なでしないか?ということです。

お客様の気分を害してしまうと、以降は製品やサービスを買ってくれない可能性が高まります。
したがって、コールセンターでの仕事は非常に責任重大と言えるわけです。
お客様と直接接する立場の人間だけに、きちんと考えておかないといけないのです。

そして、その際に意識すべきことは話し方のテンポをゆっくりするということです。
これは意図的に行った方が良いと思いますが、テンポが速い話し方というのはやや高圧的に聞こえる可能性があります。
その人の声質なども関係してきますけど、テンポがゆっくりの方が、より丁寧な印象、分かりやすく話そうとする印象を生みます。

人間の心理面というのはいろいろな要素の影響を受けるもので、そういった考慮がないとこういったことにも気付けないと思います。
したがって、私たちは人間の心理面にももっと気を配って、より高いサービスを実現する意識を持つべきだと思うのです。

話す内容などもそうですが、話し方というのも意識していくと、よりお客様の機嫌を損なわないで対応できるはずです。
私たちは少しでもそういった努力を重ねて、お客様の満足度を高められるように仕事をしていくべきと言えるでしょう。
私自身は特にそういう意識を持って、お客様の満足度の向上に貢献し、それによって商品やサービスの売り上げにも貢献していきたいと思っています。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。