インターネットで見つけた某アニメ (朝礼ネタ323)

先日インターネットで調べ物をしてる中ふと見つけた某アニメで仕事に対する姿勢について考えさせられた時の話をします。

主人公の男性は営業職に就いている窓際係長
成績はいつも最下位でいつも部長に怒号を浴びせられ部下達にも笑われる始末。

仕事に対する熱意や意欲も持てないまま毎日を過ごしてたある日、夕食を摂ろうと一件の食堂に入ります。

メニューには係長定食 課長定食 部長定食 社長定食しかありません。主人公は課長定食を頼みましたが店主から名刺を見せろと。男性は係長定食しか食べられないと告げられます。

店主の不躾な言い方に馬鹿にされたと、納得いかなかったが何も言い返せない。ただ定食を待っていました。

係長定食を食べてみると今までに味わった事のない美味しさに驚きます。

じゃあ課長、部長、社長定食は一体どんな料理なんだと。

そこから主人公は定食食べたさに社長にまで上り詰めます。このアニメで伝えたい事、夢や目標を持って仕事をする事。

どんな小さな夢や目標でも持つ事が大切だとこのアニメから学びました。

このアニメでは定食が食べたいという目標が社長にまで上り詰める結果となりました。たかがアニメと思うかもしれませんが、成功している人達は必ず夢や目標を抱いています。

夢や目標を持って仕事をしている人って思いの外、少ないんじゃないかと思います。私はその一人でした。

今は一つ大きな夢を持って仕事をしています。このアニメのように叶えられるよう頑張っていきたいです。

もう1記事読みませんか?