フロント業務に必要なのはいろいろなケースの想定 (朝礼ネタ320)

フロント業務という仕事は、フットワークが要求されると言います。
それはいろいろなケースに対応する力ということに言い換えられると思いますが、フロント業務というのはお客様が真っ先に相談にやってくる場所とも言えるので、幅広いいろいろなケースに現実でぶち当たると言えるのです。

そのときにきちんとお客様を満足させるには、何が必要でしょうか?
それは実際に起きるかもしれないことへの想定がどれだけあるか?という部分です。

想定外の事態にぶち当たると、人はなかなか冷静には動けません。
しかし、あらかじめ想定をしていたことに対しては、自信を持って動くことができると思うのです。

したがって、フロント業務はフットワークが要求されるということで、いろいろな状況をあらかじめ想定しておき、その際にはどのように行動すべきか?シミュレーションを頭の中でしていくと良いです。
いろいろなケースというのは、挙げたらキリがないほどにあると思われますが、1つでも多くを想定しておくと良いのです。

あらかじめ想定しておいたケースの中から実際に起きることがあるかもしれませんから。
フロント業務というのは、そういう準備をいかに事前にやっておくか?で、対応力に差が出る職業なので、その意識が必要です。
私はマニュアルとは別に、自分なりに想定外のことが起きるかもしれないということを常に考え、そのときの対処法について頭に入れておく意識で仕事をしたいと思っています。

もう1記事読みませんか?