人間関係の立ち振る舞い方 (朝礼ネタ316)

皆様は、働いていて色々な上司や同僚に関わってると思います。仲いい人ばかりならいいですが、中には考えが合わなくて苦手だったり嫌な人もいると思います。

配置換えなど、嫌な人から距離を置くという解決策もありますが、現実なかなか頻繁に実現するとは限りません。

そこで、私が考えたのは。その嫌な人が求めている自分という皮を作って、求めている役割を演じることです。

言い換えると、職場において本当の自分でふるまう必要はなくて、与えられた役を演じ切るという心掛けをすることです。

あくまでも職場内はその場の人間関係でありますし、嫌な人からあーだこーだ言われて「本当の自分」が傷つく必要はないかなと思います。結局、嫌な人が存在するのはその場限りだって割り切れるかどうかかなて思います。職場内のその場をどうふるまうかが重要です。

結局、人から受ける印象というのは相手次第な面もあるし、そこに対していちいち悩むのは時間の無駄かなて気がします。人に好かれる努力も必要な時もありますが、それと同じぐらい人に嫌われる勇気も重要だと思います。

自分を守ることは職場でうまくふるまうことに重要なことだと私は思います。そのために、嫌な人から求められている「職場で働く自分」という役を作りそれを演じ切り、あくまで表面上は上手な人間関係ができるようにすることが重要じゃないかなと思います。

なぜなら、他の人がどうだろうと自分が一番大事だからです。

もう1記事読みませんか?