ブランドとはなにか。 (朝礼ネタ296)

ブランドと聞いて、何を思いますか。
私は、高級な車、高級な時計、質感の良いもの、つまりは高価なものを思い浮かべます。

今回、私は、ブランドが落ちた経験談を話したいと思います。

私は長年、ある携帯会社の携帯を使用してきました。
その携帯会社を選んだ理由は、ある機種のデザインがカッコよくそこの携帯会社と契約を結びました。
そこから、機種変更の際も、別の携帯会社に乗り換えることなく数年間使用してきました。

そんなあるとき、私が、携帯を使用していると、突然、携帯の電源が切れるという現象が発生しました。
また、あるときには、携帯が発熱しフェールセーフが働き充電がされない現象も発生しました。

そこで近くの携帯ショップに携帯を持ち込み、不具合の確認してもらいました。しかし、そこでは何も見つからず同じ機種の携帯に変更してもらいました。

数ヶ月間その携帯を使用していると、以前と同じ現象が再び起こりました。
そこで、再び携帯を携帯ショップに持ち込みました。

しかし、そこでも携帯の不具合は見つからず、携帯を変更することを提案されました。

私は、緊急事態が発生した際に同様な現象が起こると、仕事にも差し使いがでると考え携帯を替える決断をしました。

今までの対応などを含め、携帯は別会社の携帯にしようと考え長年使っていた会社から別会社へと乗り換えました。

このように、一つの不具合でイメージが落ち、二度と同じ会社の携帯を使わなくなってしまいます。

私たちがつくる製品も同様でブランドは一つの不具合ですぐに失墜してしまいます。

そのため、小さなことにでも責任を持ち、不具合をなくしていくことがブランドの向上になると私は考えます。

もう1記事読みませんか?