人事に必要な文章力とは? (朝礼ネタ278)

人事というのは自らの会社をアピールする立場にある人たちです。
やはり採用活動にかかわるので、いかに自社をアピールして優秀な人材に応募してもらうか?ということを考えていく必要があります。

そういったときに重要なのは人事の文章力の部分です。
人事が新卒向け、中途採用向けの求人を書くということもありますが、そういったときに魅力がちゃんと伝わるか?は文章力にかかっています。
ここでいう文章力というのは小説家のようなものではなく、自分が言いたいことを確実に相手に伝わるようにするためのものです。

話すときにも同じような力はあった方が良いですけど、話すときと比べて、文章というのはきちんと頭の中で冷静に考える時間がたっぷりあるので、より精度の高いものにしないといけないのです。
だから、文章を書くときには自社の魅力がきちんと伝わるように、しっかり時間をかけて考えるということも必要ですけど、そもそも重要なのは言いたいことがちゃんと伝わっているか?という部分で、そこを確認しておくべきでしょう。

だから、人事で実際に求人の文章を考えるときには、周りの力も借りるなどをすると良いです。
私が実際にそういった業務に携わるときには、文章それ自体は自分で考えていくとしても、最終て決定に至るまでに他の人事、または人事以外の人間の力を借りて、自分の言いたいこととこの文章からどういうことが伝わってくるか?という部分を確認して、問題ないか?どうかのチェックをしっかりとやっていきたいと思っています。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。