ビジネスチャンスを逃さないことの大切さ (朝礼ネタ268)

私たちは毎日の仕事をするにあたり、自分にとっても会社にとっても、チャンスというものを探しているのでしょうか?

ビジネスにおいて、仕事をいただくことやお客様との関係を築くなど、私たちにとって好転するチャンスは、あらゆるところにあります。
このチャンスを見つけるだけでなく、いかにそれを生かしていくかが、他社に負けないパワーになってきます。

クリエイティブな活動をするにしても、お客様と出会わなければ何も始まりません。
どのようなアプローチをしていくのか、また、私たちのセールスポイントをより向上させることはすごく大切なことです。

しかし、それだけではまだまだ足りないと、私は思います。
私たちがつかむべきもののひとつとして、チャンスというものがあります。

例えば、営業マンはいろいろな企業を訪問して、企業からいろいろな要望・ニーズなどの大切な情報を手に入れようと頑張っています。
また、営業事務としてサポートしている方々は、営業マンの活動を支えて連携をとるように頑張っています。

利益になるチャンスは突然訪れたりするのもありますが、皆さんが企業への訪問や電話・メールにて手に入れた情報をチャンスに変えることは、皆さん次第です。

また、せっかくのビジネスチャンスが訪れても、そのタイミングを逃してしまうことは、大きな損失につながることもあります。
これを、機会損失といいます。

チャンスを生かすも殺すも、私たち次第です。
これらのチャンスを探して、見つけて、つかみ取る…こういった行動もまた、私たちは大きく前進できます。

これからも、部署一丸となって、チャンスを力に変えていきましょう!

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。