美容師に必要なメンタルとは (朝礼ネタ260)

美容師に必要なメンタルとはどのようなものでしょうか。
昨今はさまざまな形態のお店が展開されていますから、そのお店によって必要な人物像は違うのではないかという人もいます。
しかし、どのような形態のお店であっても、ひとつだけいえることは、美容師はお客様に好きになってもらうべきだということです。
自分の働いている場所は指名制ではないから、関係ないなんて思ってはいけません。
なぜなら、ひとりの美容師の好感度というのは、その店舗全体の印象になりうるからです。
インターネットによる口コミが一般的な昨今ですから、ひとりのお客様に嫌われたということが、のちのち、致命的なダメージになってしまうということもありうるのです。
では、どうすればお客様に好かれるのかというと、何も、色恋を使った営業をするとか、過剰に親しくするといことではないのは明らかです。
むしろ、最近の若い人はそういう関係性を求めていないことが多いです。
私の尊敬する先輩は、年下の人は自分の娘のように、年上の人は自分の母のように、という気持ちを持って接していました。
これは、素晴らしいことだと思います。
もちろん、家族だからといってタメ口を使えというのではありません。
そうではなくて、家族のケアをしているかのような親切さや丁寧さを忘れないということが大切なのです。
お客様は、みんな誰かの大切な人なのです。
私自身、そのような思いを持って人と接するようになってから、お客様の声も変わってきたという実感をしている今日この頃です。

もう1記事読みませんか?