マイナスをプラスに (朝礼ネタ244)

先日、雨が降ってしまい楽しみにしていた彼女との動物園デートがキャンセルとなってしまうという私にとってマイナスの出来事がありました。

日々、仕事をしていても、危機的状況に陥る、困難や壁に直面する・ミスをしてしまうなど、自分や会社にとって悪となるマイナスな状況となることが多々あります。

そんなときは、マイナスな状況から何か一つでもプラスとなる状況を作れないか考えます。

キャンセルとなった動物園デートで言えば、雨というマイナスの状況下、あえて動物園に行ってもよかったかもしれません。雨の動物園に行ってプラスとなることは、どのようなことでしょう。例えば、【雨の日の動物の行動を知れる】です。みなさんは、雨の日に動物たちが何をしているか知っていますか。小屋でおとなしくしている?雨を喜ぶ動物もいるはずです。自分が知らなかったことが一つ分かるだけでも雨の動物園というマイナスな状況がプラスになります。

他にも例えば【彼女と相合傘ができる】です。雨の中、あえてデートを行うことで相合傘ができたことでしょう。これは、私にとって完全なるプラスです。

マイナスな出来事や状況を「ああ。どうしよう。」では、マイナスの状況のままです。ときには発想を思い切り変えて何か一つでもプラスになることはないかと考えてみてはどうでしょう。【マイナスをプラスに】日常生活でも仕事でも役に立つ言葉です。みなさんもよかったら頭の片隅に置いておいてみてください。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。