初心忘れるべからず (朝礼ネタ232)

今日は私が入院したときに体験した話をさせてください。

皆さんは入院を経験されたことありますか。長い入院をしていると段々と慣れてくるものです。
そして看護師さんの勤務状況まで分かるようになってきます。

ある日、私の部屋に来てくれたのは先輩看護師さん、そしてもう1人新人の看護師さんです。
先輩の言うことに耳を傾け、必死にメモを取る姿を見ました。

職種は全く違うのに私は自分が新人だった頃のことを思い出し、懐かしく、そして微笑ましく見ていました。

いくら新人でも資格を持って入社した以上、患者さんからすると立派な看護師さんです。
新人の頃、私も先輩に同じことを言われました。

資格を持っている以上、お客様は私のことを美容師だと思ってくれていて、それにこたえないといけません。

それから何年も経ちましたが、新人のときの初々しさ、初心を忘れずに仕事をしないといけないなぁと、新人看護師さんを見ていて、改めて感じました。

慣れとは恐ろしいもので、常連のお客様にいつもので!と言われるとそのままいつも通りしがちではありますが、本当は髪型や髪色を変えてみたいと思っているのかもしれない。
そう思い、親しく話しながらも必死に探っていく私です。
もちろん、しつこく聞きすぎても気分を害される方もおられるので注意が必要ですけどね。

今日も一日、常連さん、新規のお客様、変わらず笑顔で接客しましょう。

ご静聴ありがとうございました。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。