子供だって大人だって見て育ちます (朝礼ネタ231)

今日は私が先日2歳の子に怒られたときの話をさせてください。

言葉が少しずつわかり始め、こちらが言ってることも通じるようになってきました。
普段喋ってる分には楽しい時期です。

いつも、ご飯を食べる前には いただきます を言いなさいと言っています。
その日は聞き分けが良く何も言わずともきちんと手を合わせていただきますをして、食べていました。

今のうちだ!と思い私も急いで食べ始めると隣でその様子を見ていたその子がバンと音を立てて怒るのです。
え?と思うと いただきますしてないでしょ!ちゃんといただきますしなさい!と私が怒られてしまいました。

子供って些細なことでもきちんと見てるんですね。
ハッと気づかされた瞬間でした。

これは後輩指導にも関係してくるのではないでしょうか。
人を見て育つというのはいくつになっても変わらないのかもしれません。
先輩になった今、私にできることといえば後輩のお手本になることです。先輩がしてないのに後輩はそれに従えませんよね。

正直、矛盾した先輩も実際出会ったことがあります。
まず言う前に自分はできているのか、ということを改めて考え、もしできていないとすればできるようになってから物申すようにしようと思います。

もし私が矛盾していたら是非教えてください。
その際はお手柔らかにお願い致します。

今日も一日楽しく明るく、そして笑顔を忘れずに仕事していきましょう。
ご静聴ありがとうございました。

もう1記事読みませんか?


職種別


シェアしていただけると喜びます。